ところ変わればスキンケアも変わる!季節以外にも土地に注意!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
三谷アイ

Written by:

2012.06.02.Sat

今年度から新しい土地で生活をスタートされた方も多くいらっしゃると思います。生活に慣れないうちはストレスで肌荒れを引き起こしませんでしたか?また生活には慣れてきたのに肌荒れだけ治らない方、引越し前のスキンケアをそのまま使ってはいませんか?
今回は「日本でも場所によってスキンケア方法が変わる」ということをお伝えしていきたいと思います。

カラッカラの関西、ジワジワの北陸

季節に合わせてスキンケアアイテムを変える方は多いと思います。そして日本という国は、北は北海道、南は沖縄と同じ季節でも気候が全く違いますね。もちろん、その土地によってもスキンケアも変えなくてはいけません。
こんな話をするのもこれを書いている私自身が関西と北陸をよく往復するため、よく感じるのです。関西と北陸は電車で3時間の距離ですから、すごく離れているわけではありません。ですが都会のビル風がびゅんびゅん吹いてカラカラの大阪の都市部と、「弁当忘れても傘忘れるな」という言葉があるぐらい雲が広がる日と雨が多い日本海側に位置し、湿気が多い北陸。洗顔後必要となるスキンケアアイテムがガラっと変わるのです。

湿気が多いと乾燥肌も治る・・・・気がする実体験

一年程前まではずっと関西に定住していた私。混合肌ですが、冬になると乾燥肌に悩んでいました。かと言って油分が多いクリームを付けると白ニキビが発生し、油分がないものだと物足りない・・・。しかし北陸で過ごすようになってからは湿気のおかげか、それほど乳液や油分の多いクリームに頼ることもなく冬を過ごし、スキンチェックでも関西定住時と比べて水分量が格段にアップしていたのです。
ただし湿気が多いということは弊害も多く、私は夏に汗疹の悪化を引き起こしました。関西では夏に汗をかいたとしてもすぐに乾いていくのですが、北陸だと湿気が多いために長い時間汗が肌に残り、それが汗疹になってしまい皮膚科で診てもらうことに。学生時代、体育の授業の終わりにお世話になっていた「汗ふきシート」に数年ぶりに購入。これほど素晴らしい商品だったのか!と汗ふきシートに感動したものです。

日本独特の四季とその土地特有の気候、これを何もせずに肌がクリアするのは大変なことです。
引越しをされた方は、一度スキンケアアイテムを見直してみましょう。ストレスのせいではなく、もしかすると土地の気候に影響され変化した肌と、そのアイテムが合っていないのかもしれませんよ。

ライター:カドカワ
「音楽と読書が趣味です。コスメを見つめるだけで幸せになれます。日々女子力向上させることが目標」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

三谷アイ

社会学部社会学科出身、社会調査士。
ライターや編集業など。Cafe Googirlの運営にも一部参加。
美容、コスメレビューなどが得意、好きなジャンル。
アニメとマンガと音楽と演劇のチェックに勤しみながら、
現在愛知を拠点に大阪と富山でもふらふらしている。

URL:http://plustic.under.jp/iware/