無理せず、スリムダウンできるちょっとした工夫の数々

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.10.04.Tue

いろいろなダイエットを試したり、必死の努力を続けることだけが、体重を減らすことではありません。心理的な効果をねらって、普段の生活にちょっとした工夫を取り組むだけでも、徐々に目に見える効果が表れてきます。そうやってストレスなく痩せることができたら、理想的だと思いませんか?

こんな工夫で無理なく痩せられる!ちょっとしたコツを伝授!!

色彩感覚は食欲にも直結!ブルーのパワーを利用する。

ファーストフード店の店内やロゴに赤が使用されることが多いのは、赤という色がそれだけ食欲を刺激し、もっと食べるようにサインを送る色だから。色彩は食欲にも影響を与えるほど強いパワーを持っているのです。逆に、食事をスローダウンさせるのはブルー。ブルーの食器に食べものを盛ると食欲も自然と抑えられます。

食事は“匂い”まで楽しもう。

食べものの匂いを嗅ぐと、脳はそれを“既に食べたもの”として認識します。食欲を抑え利には、一口食べる前ごとに、その匂いを吸い込んで楽しむことです。自分で思っているほど、お腹が空いていないことに自分でも気付くはず。

お酒、飲み物をたくさんとるには食後がベスト。

お酒や飲み物などの水分を食前に大量に飲んでしまうと、消化液が薄まり、消化が遅れ、お腹が膨れてしまいます。飲み物をたくさん飲むのは、食後30分後くらいがベスト。食膳のお酒は飲みすぎに気をつけて。

スリムだと男性に思わせる”香り”を利用する。

男性は意外と香りに敏感な生きもののようです。190人の男性を対象とした調査では、”スパイシーな花の香り”の香水をつけた女性は他の女性より痩せていると感じた人が多かったという結果があります。デートのときは、シトラス系の香水より、”スパイシーな花の香り”を選ぶとよいでしょう。

”マインドフル”に食事の時間を楽しんでみる。

最近、西洋で注目されているのが”マインドフル”という考え。五感を研ぎ澄まし、あらゆくことに意識をむけて、ということですが、ここではつまり”食べることに集中する”という意味です。
食事には最低でも20分はかけて。フォークやナイフよりも、お箸を使うほうが、食べることに集中しやすくなります。
また、テレビを見ながら、本を読みながら、というのは気持ちが食べることに集中しないのでNG。食べる前に匂いをかいで、お箸で少量をゆっくり口に運び、よく咀嚼する、味を楽しむ、こうしていると、20分くらいはあっという間に過ぎてしまうはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!