安全にカラダスッキリ!正しいプチ断食法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.10.07.Fri

美容家やダイエッターに根強い人気の“断食”。文字通り“食を断つ”ことです。最近ではダイエット効果や美容効果が注目されていますが、もともとは食生活を見直し、臓器を休ませて身体機能を整えるのが目的です。
その結果、臓器が正常に働き、細胞が活性化されて代謝がアップ!脂肪燃焼が促進されたり、肌の状態も良くなるといわれています。ただし、専門家の監修やある程度の知識がないとリバウンドや健康悪化などにつながる場合もあるため、闇雲に行うのはNG。専門施設を利用したり、食べ物を少量食べながら行うプチ断食などがおすすめです。

ストレス発散、欲求を満たす、交流の場・・・・・・食事は私たちの生活に欠かせない楽しみのひとつです。そんな楽しみを断じてしまうなんて、不健康!と思う人も多いのではないでしょうか?しかし、正しい断食なら食生活の乱れをリセットすることができ、食事をよりおいしく、楽しめるようになるのです。
今までは“断食道場”といわれるように、お寺での体験修行が多かったのですが、最近ではリゾートホテルでも断食プランを用意しているところが増えてきました。休日を利用して旅行がてら断食施設へ行くという人も増えているそう。

専門家のいる施設を利用するのがベストですが、お金も時間もないという方は自宅でできるプチ断食に挑戦してみましょう。安全にできる方法を紹介します。※注意:健康な成人の方に限られます。不安のある方は医師・専門家などにご相談のうえ行って下さい。

1日3回、野菜を150gずつ食べる

その際気をつけることは、必ず1日に5種類以上の野菜を摂ること。色の濃い緑黄色野菜や根菜などもOK。野菜ジュースや野菜スープなど、調理法や味付けを変えて飽きないように工夫しましょう。調理する際は、消化が良く胃腸に負担がかからないように、野菜をやわらかくするように心がけて。

1日1食は豆腐を1/3丁食べる

たんぱく質は消化が悪いので、断食中は避けるのがベター。しかし、体内組織の維持のためには多少のたんぱく質を摂取するようにしましょう。消化の良い豆腐がおすすめ。

プチ断食法のポイント

・味付けは薄くする
・1口30回噛む
・水分摂取は水、ノンカフェインのお茶(麦茶、ハーブティなど)
・水分は1日1.5~2リットルを目安に摂る

「断食=痩せる」ではなく、「断食=体調が良くなる」という概念を忘れずに!まずは体調が整うことで代謝が上がり、脂肪燃焼につながっていくので、無理をせずに行いましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!