人気ネイルアーティストが、あなたに伝えたいこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.10.01.Sat

定期的にネイルサロンに通って、指先のお手入れをする。きれいに施術されたネイルを手に入れて、ハッピー感にひたる。女子に生まれてよかったーと思う瞬間ですが、でもちょっとまって!ネイルサロンでの施術ではちょっと気をつけたほうがいいこともあります。ネイルサロンに勤めるネイルアーティストたちがからの忠告に耳を傾けてみませんか?

硬くなった皮膚のシェービングは、アメリカの大半の州では違法行為です!

ネイルサロンで、硬くなった皮膚(たこなど)の部分を削ることをネイルアーティストから勧められたことはありませんか?
これは、剃刀と皮むき器の中間のようなクレド・ブレイドという器具で、皮膚の表面を削り取る作業ですが、アメリカではこの器具を使った施術は医療行為とされており、ネイルサロンでの施術は違法行為となる州がほとんどなのです。
ちなみに、たこなどは削ってしまうと、かえって症状が悪化することがあります。ネイル・サロンで、皮膚を削る、あるいはシェーブするのは危険性があるので、どうしても気になる人は、皮膚科の医師に相談するようにしましょう。

ペディキュアの予約のまえに、足のシェービングをするのは禁物!

かなり前の事件ですが、2000年にカリフォルニアで100名以上の女性が、ネイルサロンで細菌感染症にかかったという驚くべきニュースがありました。この女性たちに共通していたのは、ネイルサロンでペデキュアの予約を入れており、その前に足のムダ毛処理をしていたというのです。
ムダ毛処理をして弱くなっていた皮膚に、細菌が感染してしまったのです。ネイルサロン側のためにもいいますが、サロンでは病院施設レベルの消毒剤で、使用ごとに器材を洗っています。それでも、こうした感染を完全に防ぐことは困難なのです。自己防衛のためにも、サロンに行く前に、ムダ毛処理、脱毛は控えましょう。


残念ながら、ネイルサロンでの細菌感染は皆無ではありません。サロンを選ぶときは、かならず口コミ、評判などをチェックして、衛生管理をしっかり行っているかどうかチェックしましょう。

参考記事:9 Things Your Nail Technician Wants to Tell You

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!