美容と健康のために「水」を飲みたくなる8つの秘密

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.10.13.Thu

ダイエットや美容・健康のため、ミネラルウォーターを飲んでいる方は多いかと思います。けれど、冬が近づくにつれて、だんだんと飲む量も減ってきているのではないでしょうか?けれど、「水」を摂るということは、人間が健康的に生活する上で欠かせないこと。実は、ある研究によると、アメリカ人の75%の人は脱水している可能性があり、世界の半数の人は慢性的に脱水状態にあるんだとか。今回は、そんな「水」と健康についての8つの秘密をご紹介します。

血液細胞をつくるため

血液の80%は水分でできており、新しい健康な血液細胞を作るためには、「水」が必要です。けれど、研究者たちの推定によると、世界の人口の半数は慢性的に脱水状態で、アメリカでは、人口の75%が脱水している可能性があるんだそう。

骨細胞を作る

血液だけでなく、「骨」にとっても水分補給は大事なんです。骨の50%以上は水分でできているので、健康的な骨細胞を作るためにも意識的に水を飲んだほうが良さそうです。また、骨だけでなく様々な器官の細胞を作る際も、水分は必要になってきます。

リンパの動きを改善

水をたくさん飲むことでリンパ系の動きが良くなり、体の痛みを軽減させることに役立ちます。リンパ系は、身体の老廃物や余分な水分などを、体の外に排出してくれるという、デトックスに役立つ器官。そのリンパを正しく機能させるためには、水分が必要なんですよ。

デトックス

水分をたくさん取るようにすると、リンパが活発になるだけでなく、腎臓や腸の動きも改善され、身体の中にたまった老廃物や毒素が排出されやすくなります。腎臓は、毒素を排出させる大切な臓器です。ただ、一度にたくさんの水分を摂ると腎臓に一気に負担がかかってしまいます。一気飲みするのではなく、少しずつ、飲むようにしましょう。

関節の痛みを取る

水は、関節の潤滑や関節の痛みを軽減したり、磨耗や損傷を防ぐ作用もあるんです。逆に言うと、脱水状態が続くと、関節が痛くなったり、筋肉が痛んだりすることも。起床時に関節が痛くなったりこわばったりしているときは、身体に水分が足りていない時かもしれません。「寝起きに水を一杯飲むとよい」と昔から言われますが、これはとても理にかなったことなんですよ。

代謝を上げる

起きがけの一杯の水を飲むことで、身体の脱水状態が改善されると、筋肉にも水分が補給され、一日の代謝を高め、エネルギー消費を増やすことができます。寝ているときに汗をかき、筋肉の水分が失われたままになってしまうと、筋肉の動きが悪くなってしまいます。すると、エネルギー消費が少なくなり、燃焼効率も失われてしまうのです。

体温のバランスをとる

身体の6割~7割を占めるといわれる水分は、体温のバランスを保つためにも役立っているのです。というのも、水は熱しやすく冷めにくい特徴がありますよね。一定の体温(36~37°)を保ちつつけることができるのも、水分があるおかげ。また、熱い時には汗をかき、汗が蒸発するときの気化熱によって体温を下げてくれるという作用もあります。

脳神経の機能を正常化

水は、活動電位などを伴う、脳や神経系などの機能を正常にすることにも役立ちます。脳や神経系は、正常に電気信号を身体の中に送り出すことで、身体を機能させています。ある研究によると、脳は60ワット電球と同じくらいの電気量が走るのだそうです。その動きを正常に保つ役割を果たしているのが「水」なんですよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!