叶姉妹も実践中!お水も目的によって飲み分ける時代です!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.04.01.Sun

現在販売されているミネラルウォーターには様々な種類があります。それぞれに別々の効果があるのですが、種類が多くても違いが良く解らなければ折角の効果も半減してしまいます。
叶姉妹のお二人はお水を非常に重要視している事でも有名です。彼女達は、朝起きた時だけでも寝起きに飲むお水、動き出してから飲むお水、スポーツをする時のお水、そしてそれぞれの食事毎にあったお水を選んで飲むというように、毎日沢山の種類のお水を飲んでいるそうです。
そこまでお水にこだわらずとも、お水の種類と効能をしっかり知る事で、より効率的に美容やダイエット、そして疲労回復に役立てる事が出来ます。それぞれの違いを知れば、お水選びがきっと楽しくなりますよ。

お水の種類

現在、主に市場に出回っているお水は「硬水」、「中硬水」、「軟水」、「バナジウム天然水」、「有機ゲルマニウム水」、「海洋深層水」、「アルカリイオン水」、「酸素水」、「炭酸水」等があります。これだけ種類があっても、実際に違いまではよく解らないですよね。大きな違いから少しずつ説明していきたいと思います。

硬水と軟水の違いとは?

硬水か軟水かは、基本的にはカルシウムやマグネシウム等のミネラル分の量で区別されています。
喉越しや味に違いがある為、日頃軟水を飲んでいる日本人は違和感を感じて硬水は飲めないという方もいらっしゃいますが、どちらを多く摂取しても健康への影響はさほどありませんし自分の好みの問題ですので、無理に飲む必要はありません。
しかし、ダイエットやなんらかの理由で硬水を飲めるようになりたいという方は中硬水から少しずつ飲み始めていけば次第に硬水も飲みやすくなりますよ。

硬水と軟水の違いとそれぞれの利点

軟水は味もほぼ無味で、適度にミネラルを含んでいる為、お米を炊くお水として優れていて、昆布やかつお等からグルタミン酸をよく引き出す作用があり、和食に適しているお水だと言えます。

硬水は、苦みや渋みを抑制する作用があるので、コーヒーや紅茶を入れる時に使う水に適しています。また、カルシウムやマグネシウムが豊富な為、便秘改善やダイエット効果があると言われています。

サプリメントと一緒に飲むと、より効果的なお水は?

サプリメントを飲むにあたりお勧めなのは、アルカリイオン水と酸素水の2種類。
アルカリイオン水は水の粒子が非常に細かく細胞の中に浸透しやすいので健康に良いと言われていますが、一緒にサプリメントを摂取する事で、体に素早くサプリメントの成分が浸透し、普通のお水で飲むよりも更に効果的に作用してくれます。
酸素水は、通常のお水よりも酸素を効率的に体内に取り込めるので、こちらも新陳代謝を良くしてくれる効果があり、サプリメントや薬を一緒に飲むとより素早く作用してくれます。
運動直後の酸素不足を素早く元の状態に戻してくれる働きもあるので、スポーツ飲料が苦手な方は、酸素が多く含まれたタイプのミネラルウォーターをワークアウト時のお供として持って行くと良いでしょう。
炭酸水にも血行促進や疲労回復の効果がありますが、食欲増進の効果があるので、風邪を引いている時や強い疲労感がある時は、炭酸水をコップ1杯飲むだけで新陳代謝も良くなり、食欲も出るので、素早く体調を元に戻したい方は是非試してみて下さい。

ダイエットに向いているお水

お水の成分によってはダイエットに向いている物もあります。ただし、お水を飲んだだけでは痩せません。あくまでも運動や食事制限のプラスαとして考えて下さい。硬水に含まれているミネラル分が便通を良くしたり、カルシウムを軟水よりも多く摂取出来る事から、硬水はダイエットに非常に適していると考えられています。しかし、子供や高齢者の方が摂取するとお腹がゆるくなり過ぎる場合もあるので、様子をみて少しずつ飲むところから始めましょう。
また、バナジウム天然水はインスリンに作用して血糖値を下げ、中性脂肪の数値改善にも効果的だと言われています。飲み会が重なるシーズンや、どうしても不規則な生活が続いてしまう場合には、食事の時にバナジウム天然水を一緒に飲んでみてはいかがでしょうか。

毎日何気なく選んでいたミネラルウォーター、今日から自分の用途に合わせて選んでみて下さいね。

ライター:*MiMi*
ロンドンで特殊メイクも出来るHair&Make-upアーティストとして雑誌から映画までとマルチに活動中。美容、アート、ファッション、旅行、そして日々感じる文化の違いまで幅広くお届けします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!