聞き慣れない言葉にドキドキ!「血液クレンジング治療」を初体験してきたよ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.04.21.Sat

肩凝りや腰痛がひどい、何となく身体が疲れやすい……など「よくあること」と思って放置しておくと危険。慢性的になってしまう前にケアしてあげたいものです。整体など身体の外側から直す従来の治療も良いですが、近年ブームになりつつある、メスを使わない施術にも関わらず、高い効果があると評判の「メディカル美容」が最近気になる!
※血液の写真も掲載されているので、血が苦手な方は閲覧ご注意ください。

ということで、体調改善、病気予防、アンチエイジングなどに効果的とされている「血液クレンジング治療」を受けてきました。スポーツ選手や美容に敏感な女子たちなど、最近愛用者が増えている施術なのだとか。日本で流行り始めたのは最近ですが、この治療には歴史があります。なんと40年以上も前にドイツで開発され、ヨーロッパでは血液の浄化療法として、広く認知されてきました。

自然治癒力を上げる!

血液クレンジング治療には、オゾンガスを使用します。これにより、エネルギー増加、循環改善、赤血球の酸素化、抗酸化力強化、免疫強化、骨髄幹細胞の稼働化といった6つの作用が生まれるそう。すべて「自然治癒力」を高めることにつながっています。自然治癒力がアップすると、病気になっても身体の内部で自力で治そうとしてくれるので、病院へ行かなくて済むというワケ。

今回訪れたのは「赤坂AAクリニック」。最初に問診票を記入後、診療室へ。森院長が血液クレンジング治療について、丁寧に説明してくれました。院長はダンディーでカッコよいのですが、ダジャレを言うときもあり、そのお茶目なギャップがステキな方です。10分ほどの説明が終わった後は個室に通され、常温のお水を1杯いただきます。

治療はおよそ30分。左右どちらかの腕を消毒後、初回の場合は100mlの血液を採取。注射や点滴と同じ方法です。専用のガラス容器へ血液が吸い込まれていきます。血液が溜まるとその中へ、医療用のオゾンを加えていきます。ガラス容器の中で血液とオゾンを溶け合わせ、それを体内へ戻します。オゾンの効果で活性化(オゾンは酸素に変化して消える)した血液が、体内の全ての血液と混ざり合うようになります。

すぐにポカポカしてびっくり

血液クレンジング治療後に、「マイヤーズカクテル(循環改善点滴)」も行いました。ビタミンB1、B2、C、マグネシウムなど誰もが知っている、人の体内にある栄養素だけが含まれた点滴療法で、慢性疲労を解消してくれる効果があります。こちらを血液クレンジング治療と合わせることで、より血液を活性化させることができるのだとか。

2つの治療が終わる頃、身体(特に顔・デコルテ周り、足先)が、かなりポカポカしてきて「暑いっ!」と言いたくなるほどになりました。普段冷え性で、手先も冷たいのですが、信じられないくらい温かくなって驚き。疲れ目もスッキリするといわれてます。筆者も毎日のデスクワークで酷使している目が、少し楽になったように感じられました。

このポカポカをはじめとする効果は1ヶ月ほど持続するのだとか。身体の要ともいえる血液から美しくして、身体の悩みを解消してみてはいかがでしょうか。「やってみたいけど、ちょっと高そう」という思う方はメディカル美容クーポンがお得に買える「キレナビ」での購入をオススメします。普通に買うよりかなりお手頃。ぜひお試しを♪

ライター:池田園子

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!