どうして? ノーファンデ女子たちの肌がどんどんきれいになる理由4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2017.09.12.Tue

ファンデーションの厚塗りはいかにも時代を感じさせ、ベースメイクは作り込んだ感じのしないナチュラルメイクが人気です。いわゆる“すっぴん風”メイクも人気ですが、むしろ潔くノーファンデを貫く女子も急増中。そしてなぜか彼女たちの素肌は本当にきれい! その理由を探ってみました!

1. 刺激の強いクレンジングをしないですむ

肌トラブルの原因が、刺激の強いクレンジング剤を使っていたり、ゴシゴシこすったりして肌に負担をかけていたりすることがよくあります。でもファンデーションそのものを使用しなければ、クレンジングもマイルドで済むので肌への負担が減り、素肌本来の力を損なわずに済みます。よかれと思ってしているケアが実は肌にダメージを与えてしまうこともあるようです。

2. ごまかせない素肌へのチェックが強化される

何のためにファンデーションを使うのか、よく考えてみたことはありますか? 多くの人はシミやくすみを隠したい、カバーしたいという理由でしょう。でもそうやってカバーし、目立たぬように、隠すようにすることで、素肌と向き合うチャンスを逃しているとも言えます。ノーファンデになると、イヤでも自分の素肌を直視することになり、厳しくチェックするようになるので肌のコンディションも把握しやすくなります。

3. 内側からきれいになろうとする

ノーファンデ派になる人は、見せかけにこだわらず、素肌自体の美しさを底上げすることに熱心です。そのために美容によいとされる栄養を意識してとったりなど、内側からのケアにも力が入ります。もちろん食事内容そのものにも気をつけるようになるでしょう。ファンデーションでカバーすることがないので、肌トラブルはてきめんに表れます。だからこそ肌が荒れないよう、インナーケアも含めたトータル的なケアを目指してゆくようになるのです。

4. 自分の素肌を堂々と認め、好きでいられる

最後は見逃せない心理的な効果です。最初はノーファンデに慣れなくても、だんだん肌の調子やサイクルが分かるようになると、“ノーファンデでも大丈夫!”と自信が出てきます。実はこれが一番肝心なこと。素肌に自信があれば、自然と好きになることができます。好きになれば、当然今まで以上に愛情をもってスキンケアできるようになります。そんな“セルフケア”の気持ちこそ、きれいに近づく最高の美容液なのです。

かつてある女優さんが「年齢を重ねるほどメイクは薄くなってゆく、そういうものでしょう」とインタビューで答えていたのがとても印象的でした。たしかに年齢が上がるほど、歳をごまかそうとしてメイクが厚塗りになったり、流行に必死で追いつこうとしたりするのはあまり美しく思えません。もちろんTPOによってはしっかりファンデーションをすることも大切。でも女子たるものノーファンデでもきれいな素肌でありたいものですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。