「イタい」って思われてるかも…。30代になったら見直すべきメイク6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
熊谷真理

Written by:

2017.08.22.Tue

「女性の写真を見れば時代が分かる」と言われるほど、メイクにはその時々のトレンドが反映されるもの。安室奈美恵さんの細眉メイクや浜崎あゆみさんのデカ目メイクなど、カリスマ芸能人をお手本としたトレンドメイクも数多く生まれましたよね。しかし、当時はやったメイクを今も続けていたら、ちょっとイタいかも……。あなたは大丈夫!?

30代になったら見直すべきメイクとは?

バサバサのつけまつ毛&エクステ

目ヂカラアップを意識するあまり、つけまつ毛やエクステから抜け出せないという女性はたくさんいます。でも、あまりにも盛りすぎたまつ毛は、逆にエイジングを感じさせる原因に……。30代に突入したら、美容液などでまつ育をしながら自まつ毛勝負しましょう!

ラメやパール入りのアイシャドウ

ラメやパール入りのシャドウはとてもかわいいですが、目元全体に塗ってしまうと目元のシワに入り込み、肌の老いを目立たせてしまいます。今年の秋は、マットな質感のアイシャドウがはやる模様です。カラーはバーガンディやブラウンなどの深みのあるカラーが人気のよう。ラメやパールは、目頭や黒目上、目尻などにポイント使いするのがおすすめです。

まんまるチーク

30代になったら、明るすぎるチークを頰にま~るく入れるのは、少しイタい印象です。ここ数年は、上気したような湿度のあるチークがトレンドになっています。クリームタイプのチークを適量なじませ、自然な血色を作り出すのがイマドキのメイクには欠かせません!

グロスのみのぷるぷるリップ

グロスのみで作るぷるぷるリップが大ブームになりましたが、大人の女性ならもう少し知的要素が欲しいところ。今秋は、深みのあるレッドやブラウンの口紅がフォーカスされています。グロスを使う場合は、リップカラーの上に重ねてツヤ感を出す程度にすると、官能的な魅力も生まれておすすめです。

素肌丸出しor厚塗りすぎベースメイク

最近はノーファンデ派も増えていますが、エイジング肌を丸出しにしてしまうのはNG。また、ファンデをたっぷり塗りたくるような厚塗りベースメイクは老け見えの原因にもなりかねません。この秋はツヤ感と立体感のあるベースメイクがトレンドです。肌のアラをカバーするには、コントロールカラーを活用しましょう。また、コントゥアリング(シェーディングやハイライト使い、顔の輪郭を際立たせるメイク)をマスターすれば一気にメリハリのある立体顔の完成です!

太過ぎor細過ぎ眉

眉毛は、顔の中でもっともトレンドが出やすいパーツといっても過言ではありません! 手入れをしていないようなボサボサ太眉や糸のように細い眉は、あか抜けない雰囲気たっぷり……。眉山はなだらかに、ナチュラルなアーチ眉にシフトしていきましょう。

5年前の写真と見比べてみて!

いくらエイジングケアをしているとはいえ、年齢には逆らえないのが世の常。今の顔を、5年前の写真と見比べてみてください。もし、今と5年前のメイクが同じだったら、周りの人からはイタいと思われている可能性が高いかもしれません。これを機に、イマドキのあか抜け顔を目指しましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

熊谷真理

ニューヨーク近郊在住の美容ライター。日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。アメリカのビューティートレンドを織り交ぜながら、美しくなれる情報を発信していきます。
instagram : https://www.instagram.com/mari _loves_beauty/