あなたの日焼け対策は大丈夫? 見落としがちなポイントをチェック!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
あんどうまみ

Written by:

2017.08.12.Sat

海にキャンプにフェスに……夏は野外で楽しみたいイベントが盛りだくさん。でも気になるのは、やっぱり日焼け。あなたの日焼け対策は大丈夫? うっかり焼けをしないために見落としがちなポイントをチェックしましょう!

曇りでも紫外線は出ています!

曇りは直射日光に当たらないからと油断していませんか? 曇りの日でも紫外線は出ています。曇りだと暑くないので、外にいる時間も多くなりがち。曇りの日でも油断せずにしっかりと日焼け対策をして!

塗り忘れはありませんか?

バッチリ日焼け止めを塗ったつもりが、一部だけ塗り忘れてしまいそこだけ真っ赤に腫れちゃった! なんて、よく聞く話。耳の後ろや首筋、腕の内側、内もも、足の甲などが塗り忘れやすい箇所なので気をつけて! 唇や目、髪も紫外線の影響を受けるので、専用のケアをすることが大切です。
また、日焼け止めは服を着る前に塗ることがオススメ。服を着てから塗ると、服と肌の境目に塗り忘れができやすくなってしまいます。

頭皮の日焼け対策を忘れずに!

忘れがちなのは、頭皮の日焼け対策。分け目が真っ赤になってひりひり痛くなった経験はありませんか? 頭皮は体の中で一番太陽に近くなる場所。しっかりとした対策が必要です! 帽子をかぶったり日傘をさすのがベストですが、かぶれない時は、スプレータイプの日焼け止めを使用して。

汗や皮脂で日焼け止めが流れちゃう!

朝に日焼け止めを塗ったから大丈夫、なんて油断してはダメ! 日焼け止めは汗や皮脂で流れやすいので、こまめに塗り直すことが重要なんです。塗り直す時は、ウェットティッシュでしっかりと汗や皮脂を拭いてからが◎。
顔は特に汗や皮脂が多く、日焼け止めが落ちやすいので要注意! シリコンパウダー入りの下地を塗ってから日焼け止めを塗ると、パウダーが皮脂や汗を吸収してくれるので皮脂くずれが予防できます。

その羽織、UVカット加工ですか?

カーディガンを羽織るから、日焼け止めは塗らないという方もいるはず。でも、そのカーディガンはUVカット加工ですか?
薄手のシャツやカーディガンだと、UVカット加工がないと紫外線を防ぎきれず服の上から日焼けをしてしまうこともあるんです! しっかりとUVカット加工がされているものを選びましょう。

それでも日焼けしちゃったら

とにかく冷やす

「日焼け=やけど」です! 焼けたと思ったら、とにかく冷やすことが最重要。冷えたペットボトルや濡らしたハンカチなど身近なものでまずは日焼けした部分を冷却しましょう!

日焼けしたところはぜったい安静

炎症を起こしたところは肌のバリア機能が弱っているので刺激は絶対NG。ゴシゴシ洗顔やスクラブ、美顔器など、肌に刺激を与える美容方法はしばらく避けましょう。鎮静効果があるウォーターミストでこまめに保湿をしてあげるのが◎。日焼けしてからしばらくはシンプルなケアをこころがけて。
お風呂に入る際の温度にも気をつけましょう。熱いシャワーを浴びると、日焼けしたところの炎症をぶり返してしまうかも。冷水シャワーが◎。

いかがでしたでしょうか? シミやそばかす、たるみの原因になる怖い紫外線。しっかりと防いで、ステキな夏を過ごしてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

あんどうまみ

2012年度準ミス日本/タレント/漫画家
1987年11月24日生まれ
北海道岩見沢市出身
現在、北海道札幌市を中心にタレント、漫画家として活動をしている
コミックエッセイ『コミュ力低めでちょいオタな私が準ミス日本になるまで』が、㈱KADOKAWAより発売中
<略歴>
2012年度準ミス日本
2015年 ㈱KADOKAWAコミックエッセイプチ大賞A賞受賞
<レギュラー>
・テレビ北海道『旅コミ北海道』レポーター
・FM北海道 中継レポーター
・北海道でんき保安協会CMキャラクター
blog:http://ameblo.jp/andmmmmemo/
twitter:@_andomami
instgram:andomami