今っぽくて肌にも◎! 「ノーファンデ女子」が急増中の理由って?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
熊谷真理

Written by:

2017.07.22.Sat

毎朝、日焼け止めに下地、ファンデにお粉にハイライト……と、いくつものプロセスでベースメイクを作り上げているという女性は多いのではないでしょうか?
しかし最近では、ファンデーションを使わないノーファンデ女子が急増中! 「シミやニキビ跡はどうするの?」と思ったそこのあなた。安心してください! ナチュラルにカバーでき、美肌に見える方法があるんです!

ノーファンデにはどんなメリットがあるの?

そもそもファンデーションとは、シミやソバカス、しわ、ニキビ跡などのお肌のアラをカバーして、肌色を均一に整える化粧品のこと。美肌に見せるためには欠かせないアイテムですよね。しかし、注目すべきはファンデーションの原料。乳液やクリームなどの油性基材に加え、防腐剤やタール色素などの着色料、石油系界面活性剤など、さまざまな化学物質が含まれています。
一方、ノーファンデとは、ファンデーションを使わないメイク法のこと。一体、どんなメリットがあるのでしょうか?

肌への負担が激減

化学物質たっぷりのファンデーションを塗らないことは、肌への負担を大幅に減らせるということ。クレンジング後の肌が何か疲れている……と思ったら、ファンデーションによる肌疲れが原因かもしれません。

ベースメイクの崩れを気にしないでいい

季節柄、ファンデーションが崩れやすくてお悩みの人も多いのでは? しかしノーファンデなら、化粧崩れの原因となるファンデーションを塗らないため、ティッシュオフかあぶらとり紙を使うことで、お肌をクリーンに保てます。

肌の変化に敏感になれる

ベースメイクをしっかりしてしまうと、濃くなり始めたシミや突然現れたニキビにも気づきにくくなり、対処が遅れることが……。ノーファンデなら肌の変化に気づきやすく、早めのケアができます。

時短メイクができる

朝は一分一秒も無駄にはできないもの。ファンデーションを塗る工程がなくなるぶん、ポイントメイクに注力することができます。

トレンドの生肌が作れる

ここ数年はお肌のアラを完全カバーするマット肌よりも、ある程度素肌感のある生っぽい艶肌がトレンドに。ノーファンデなら流行も簡単にとり入れられます。

勘違い注意! ノーファンデ=すっぴんではない!

ノーファンデ=すっぴんと思われがちですが、それは違います! とくに夏場は紫外線が降り注がれているため、ノーガードのお肌で外に出るのは超危険。ということで、正しいノーファンデのプロセスをご紹介します。

プロセス1: UVケア

紫外線は美肌の大敵であることは、今や誰もが知るところですよね。いくらノーファンデとはいえ、紫外線対策だけは手を抜かずにやってくださいね。SPFやPA値は外で過ごす時間の長さで決めましょう。例えば、30分~1時間程度の外出ならSPF35+++、それ以上ならSPF50++++など。
また、紫外線吸収剤不使用のものを選ぶと、肌への負担も抑えられます。肌の色ムラや赤みが気になる場合はグリーンやピンク、パープルなど、コントロール機能がついた下地を使うのもおすすめ。

プロセス2: シミやニキビ跡ははミネラルコスメでカバー

お肌のアラは、肌に優しいミネラルコスメでカバーしましょう。ミネラルコスメは、天然のミネラル成分で作られているため、肌への負担がとにかく抑えられます。石けんなどで落とせるのも魅力的。

プロセス3: フェイスパウダーをつける

ノーファンデの仕上がりを格上げしてくれるのが、フェイスパウダー。フェイスパウダーは皮脂を吸収したり、陰影をつけてくれたり、ものによってはUVカット効果がある場合も。シリコン・合成ポリマー不使用のものをチョイスすれば、毛穴詰まりも抑えられます。

程よく力を抜いた肌が今っぽい

ノーファンデにするだけで、ベースメイクにかける時間が大幅にカットでき、つるんと抜け感のある仕上がりに。何層も化粧品を重ねるより、シンプルな土台作りこそが最旬トレンドですよ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

熊谷真理

ニューヨーク近郊在住の美容ライター。日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。アメリカのビューティートレンドを織り交ぜながら、美しくなれる情報を発信していきます。
instagram : https://www.instagram.com/mari _loves_beauty/