ほったらかすと大変なことに!?  「うっかり日焼け」後の正しい応急処置4STEPs

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
熊谷真理

Written by:

2017.07.21.Fri

いよいよ夏本番になり、紫外線が猛威を振るう季節がやってきました。紫外線対策はバッチリですか? 紫外線は肌にダメージを与えることが知られており、UV対策をおこたるのは絶対NG。もし、うっかり焼けちゃった……という場合は正しい応急処置でお肌のピンチを回避しましょう!

なぜUV対策が必要なの?

夏は日差しが強くなり、紫外線の量が1年を通して一番多くなる季節。太陽光には、地表に到達するUVA・UVBと、地表には届かないUVCという波長の紫外線が含まれています。つまり私たちが対策すべき紫外線は、地表に届くUVAとUVBの2つ。
A波は波長が長く、肌の真皮まで到達し、コラーゲンを変性させてシワやたるみの原因を作ります。しかも窓ガラスも通過し、曇りの日だって降り注がれているという厄介者。一方、B波は皮膚表面の細胞を傷つけ、肌の炎症・水ぶくれ・シミ・そばかす・皮膚ガンのもとに。要は、家の中にいるからUV対策をしなくてOKということはなく、お肌を守るためには一年中UV対策することが大切なのです。

でもうっかり焼けちゃったときは応急処置!

ですが、日焼け止めを塗っていても焼けちゃうこともありますよね。そんな時は正しい応急処置をすることで、その後の肌人生を明るくしてくれるのです。

1. とにかく冷やす

日焼けしたら「すぐに美白化粧水をつけなきゃ」という発想になりがちですが、美白化粧品はお肌への刺激が強いものが多く、焼けた肌にすぐ使用するのはおすすめできません。日焼けはいわばやけどの状態なので、お肌はとっても敏感なのです。冷水や保冷剤、冷やしたタオルなどを患部に当て、ほてった肌を沈静してあげましょう。

2. 熱がとれたら保湿

お肌の熱が落ち着いたところで、いよいよ保湿の出番。刺激の強い化粧水やクリームは肌に刺激を与えてしまうため、ナチュラルオイルやセラミド、コラーゲンなどの低刺激なものを使いましょう。アベンヌ ウォーターやアロエクリーム、ハトムギ化粧水などは日焼け肌にはおすすめの保湿剤です。

3. インナーケアでシミ・しわを撃破

合わせてとり入れたいのが、食事によるインナーケア。ついつい外側のケアばかりに注力してしまいがちですが、食べ物によってはシミの原因となるメラノサイトに働きかける食べ物もあるのです。例えば、イチゴには豊富なビタミンCが含まれており、活性酸素の生成を抑えることができると言われています。他にもアセロラやトマト・アボカド・ニンジンなどもおすすめ。

4. 肌の炎症が治まったら美白ケアにシフト

肌の赤みが引いて痛みがなくなったら、美白ケアをしましょう。メラニン色素の量が増えて肌が黒くなり始めるのは、日焼けしてから2~3日後。このタイミングに合わせて美白ケアを始めるのがおすすめです。

UV対策をしながら楽しい夏を

紫外線は美容の大敵ですが、外に出ないで引きこもるなんてもったいない! 日光浴は精神状態を整えたり、生活習慣病にかかるリスクを下げたり骨を強くしたりと、体にいいこともあります。UV対策をしつつ気持ちよく日光を浴び、楽しい夏を過ごしてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

熊谷真理

ニューヨーク近郊在住の美容ライター。日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。アメリカのビューティートレンドを織り交ぜながら、美しくなれる情報を発信していきます。
instagram : https://www.instagram.com/mari _loves_beauty/