化粧崩れが気になる季節! 防ぐためのポイント6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠藤幸子

Written by:

2017.07.05.Wed

化粧崩れが気になる夏がやってきましたね。何か対策はとっていますか? もしとっていない、とっているつもりだけれどどうにも化粧崩れが気になる……という人に、今回は化粧崩れを防ぐためのポイントをご紹介したいと思います。

1. 化粧崩れが気になる季節の朝は必ず洗顔料を使う

乾燥が気になる人の中には、朝の洗顔をぬるま湯ですすぐだけ、タオルなどで軽く拭うだけという人も多いのでは? 確かにひどい乾燥肌は洗顔することによって肌の乾燥が余計に気になる場合があります。
しかし、季節によってお手入れの方法は柔軟に変えていく必要があり、汗や皮脂の影響が気になる季節は、寝ている間に分泌される皮脂量も多くなることを考慮したケアが必要になります。寝ている間に分泌された皮脂はぬるま湯ですすいだり、タオルなどで拭うだけではしっかりと落とすことができません。
そして、落とすことができなかった皮脂は、酸化して私たちの肌にトラブルを起こすことにつながります。そのため夏の朝は必ず洗顔料を使ってたっぷり泡だて、丁寧に汚れを落とすことが大切です。

2. 水分と油分のバランスを整えるようなケアを行う

夏は化粧崩れが気になるため、スキンケアは化粧水だけで済ませているという声を耳にすることがありますが、これはNG。水分だけ与えても肌を潤おすことはできません。大切なのは水分と油分のバランスなので、そういったことを意識したケアを行いましょう。

例えば、皮脂分泌が活発だと感じたら最後に使うクリームはジェルタイプにシフトする、保湿はオイルではなくみずみずしいテクスチャーの美容液を取り入れるといったように足し算、引き算を行いながら自分の肌に必要で適切なケアを行いましょう。そのためには毎朝洗顔前の肌を鏡でよく観察し、清潔な手で触れてみるといった肌チェックを習慣にすることも大切です。

3. スキンケアの最後に肌を冷やす

化粧崩れを防ぐためには肌を冷やすこともオススメです。毛穴を引き締める効果も期待できるので、毎朝肌に負担がかからない程度に行いましょう。やり方は冷蔵庫に入れた保冷剤を直接肌に当てる、氷を瓶に入れたものを肌に当てるといった方法でOK。冷たすぎるものを使うのは避け、肌が赤くなる手前でやめましょう。

4. 油っぽい食べ物は控える

私たちの体は口にした食べ物から作られているので、食べ物も肌の状態に密接な関わりを持ちます。そのため皮脂崩れが気になる夏は、油っぽい食べ物を控えることも大切です。

5. 化粧崩れを防止するメイクコスメを使う

スキンケアで化粧崩れを防ぐことも大切ですが、メイクの際にも化粧崩れを防止する効果の高いコスメを使うのが効果的です。化粧下地はもちろんのこと、ファンデもそういったものを使いましょう。また、ベースメイク以外も崩れやすくなるという人は、クリームやウォータープルーフのコスメを使うのがオススメです。そして、メイクの仕上げには必ずフェイスパウダーを重ねましょう。

6. ブラシやスポンジでメイクを密着させる

メイクの際はコスメ選びだけでなく、その使い方を工夫することで化粧崩れを防ぐ見込みがあります。ファンデなどを塗る際は手ではなく、ブラシやスポンジを使ってより肌に密着させましょう。

メイクが崩れてしまうと、紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。そのため夏は化粧崩れを防ぐだけでなく、こまめなお直しも同時に心がけましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠藤幸子

アンチエイジングアドバイザー、エイジレスビューティ—研究家、美容ライター、
@cosme公認ビューティスト。二児の母。
いつまでもキレイでいたいと願う女性に向けて、手軽に楽しくできるアンチエイジング法
を中心に月刊誌、ブログ、webサイト等で日々情報を発信中。
公式ブログ「★エイジレスビューティ—研究家の美肌ダイアリー★」
(http://sachirara.cocolog-nifty.com/blog/)