もうのっぺり顔だなんて言わせない! 立体感を作るメイクのコツ6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠藤幸子

Written by:

2017.06.14.Wed

私たち日本人は、欧米人と比較して凹凸が少なく、人によってはのっぺりとした顔に見えてしまうことがあります。しかし、メイクで立体感を作るとのっぺり顔とさよならすることができます。そこで、今回はその方法をご紹介したいと思います。

アイメイクではグラデーション×ラメ

のっぺり顔とさよならする方法としては、ハイライトとシェーディングを思い浮かべる人が多いことでしょう。もちろんそれも有効な方法ですが、パーツごとに立体感を出した方がより効果的です。
まずアイメイクでは自然なグラデーションを作ることが大切です。しかし、グラデーションを作るには必ずしも複数の色を用いる必要はありません。単色でも目の際に何度も重ね塗りすればグラデーションを作ることができます。
さらにラメをアイホールの中央部分にのみ重ねるのも立体感をプラスできるオススメの方法です。その際はぬれたような質感のものを選ぶとなお良し!

眉は少し上げ気味で角度をつけて

目に対して平行に描く眉がトレンド傾向ですが、立体感を作るなら眉は角度をつけるのが◎。とはいえ、角度をつけ過ぎると古臭い印象になってしまうのでアーチ型にならないよう注意しましょう。眉頭から眉尻にかけて少し上げ気味にまっすぐに描き、目尻あたりで少し角度をつけて下に下ろしましょう。

さりげなくノーズシャドウを

ノーズシャドウも立体感を作るのに効果的ですが、色選びは慎重に行う必要があります。ファンデよりワントーン暗い程度で肌になじむものを選びましょう。また、パールやラメは入っていないものがベストです。眉頭から鼻筋にかけて塗りましょう。

グロスは唇の中央部分に

ただ口紅やグロスを塗っただけでは立体感はできません。口紅をいつもよりオーバー気味に塗った後、唇の中央部分にのみグロスを重ねるのがオススメです。特に上唇には多く塗りましょう。

ハイライトとシェーディングはマスト

立体感を作るには、ハイライトとシェーディングは欠かすことができません。ハイライトは鼻筋や頬のトップよりも高い位置やあごなど高い部分にのせ、フェイスラインはシェーディングを入れましょう。この時、変に浮いてしまうことがないかどうか、色選びや質感については吟味する必要があります。特にシェーディングはいかにも塗りました、というように入れるのはNG! スポンジでぼかす、肌とかけ離れた色は使わないなど注意しましょう。
ハイライトも白い色は悪目立ちしてしまうことがあるのでベージュや淡いイエローなど肌になじみやすい色を選ぶことが大切です。また、パール入りのものを選ぶ場合には粒子が細かく、安っぽく見えないものを選びましょう。

チークは色みの主張は控えて斜め上に

自然な立体感を作りたいならチークは色みの主張を控えるのが◎。ベージュ系や淡いコーラルなどで肌にさりげなく血色をプラスしてくれるような色のチークを使いましょう。
入れ方ですが、斜め上に引き上げるように入れるのがオススメです。
立体感のあるメイクをするといつもよりメリハリがつき、小顔に見えます。
ぜひ今日からお試しいただきたいと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠藤幸子

アンチエイジングアドバイザー、エイジレスビューティ—研究家、美容ライター、
@cosme公認ビューティスト。二児の母。
いつまでもキレイでいたいと願う女性に向けて、手軽に楽しくできるアンチエイジング法
を中心に月刊誌、ブログ、webサイト等で日々情報を発信中。
公式ブログ「★エイジレスビューティ—研究家の美肌ダイアリー★」
(http://sachirara.cocolog-nifty.com/blog/)