月に一度のリラックスが明日からの美活力に! 女子力オフ日のススメ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
齋藤 惠

Written by:

2017.03.09.Thu

現代の女性たちは美意識が高い! 女優やモデルじゃなくても、美容関係の専門家じゃなくても、最新の美容情報をいち早くキャッチし積極的にとりいれている人がたくさんいます。
また外見的な美しさだけではなく、お稽古や趣味を通じて内面を磨くことで、女性としての知性や品格を漂わせる人も。今、一般人の女子力レベルはどんどん上がっているような気がします。しかし、そんな現代女性たちは少々頑張りすぎている部分もないでしょうか?

頑張りすぎは逆効果! 心の休日を設けていますか?

仕事に恋に趣味に……やりたいこととやるべきことが多すぎて、気持ちや時間が追いつかないことはありませんか? 女子力の高い女性たちが大勢いる半面で、こうした頑張りすぎる女性も増えているようです。しかしストレスを抱えながら努力を続けても、結局は心が疲れてしまって思い通りの効果は得られないかもしれません。
そこで筆者からのご提案。月にたった一日だけ、あなたの中の女子力を完全オフにする日を設けてみませんか? 欲求に身を任せて心を解放してあげることで、あなたのダメな習慣ですら許してあげる特別な休日を自分に与えてあげるのです。

だらだら過ごす日だって、必要である!

女子力オフ日がいいのは、気持ちのリセットができることです。毎日オンにしっぱなしだった女子力のスイッチをいったん切り、好きなことを好きなだけ心の赴くまま実行してみます。
女性としていかがなものかと思っていたこと、美容のために本来はNGにしていたことなど。平常日には自己嫌悪に陥りそうなことでも、月に一度のオフ日に行えば落ち込む必要はありません。たとえば……

・ お菓子やジャンクフードを好きなだけ食べる
・ 午後まで寝ているorなにもしない
・ スッピン+シンプルコーデで出かけてみる
・ 気ままにネットサーフィンをする

日常的に厳しいルールを自分に課し続けていると、「頑張ることが当たり前」という精神があなた自身を追いつめてしまうかもしれません。女性力を上げるのはあなたが女性として幸せに生きるために行うことなのに、あなたを苦しめる原因になっては意味がないのです。
また、いったん素の自分に戻ることで理想と現実のギャップの差をはっきり認識すれば、明日以降からはより意欲的に女子力向上にとり組める気がしませんか?

隙があるくらいが魅力的なことも

美意識が高すぎる女性はかえって反感を買うことがあったり、堅物なイメージがついたりとマイナスな効果も出てきます。そのためいつも完璧な生活を送っている人より、だらしない部分をも持つ人のほうがまわりから好感を持たれて結果的に幸せそうに見えることがあります。この考え方はあなた自身に置き換えてみても同じではないでしょうか? 「もっともっと」と上ばかりを見上げている自分もいいけれど、飾らず気張らずありのままの自分を再確認することで自分のことをもっと好きになれるのだと思います。
頑張ってはひと休みし、さらにまた頑張る! この繰り返しによって女子力は磨かれていくものなのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

齋藤 惠

2015年8月から執筆活動を開始。
専業主婦として家事と子育てが生活のメイン。合間にのんびりとコラムを書く毎日。
金融機関に勤めていたことから金融知識や社会保障についての執筆・取材依頼が多い。
他にも恋愛、結婚、育児、旅行など執筆ジャンルは多岐にわたる。
齋藤 惠 オフィシャルサイト:https://days-saito.amebaownd.com/