「あの人なんかキレイ!」美人の基礎力を上げるための 3つのアプローチ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2017.01.22.Sun

女子ならみんな“キレイになりたい”という気持ちがどこかにあるはず。皆さんの目指す美しさはどんなイメージでしょうか。それぞれの理想があるかと思いますが、大切にしたいのは、メイクやヘアスタイルなど表面的な部分だけでなく、体の内側から清潔感や品性を醸し出せること。そんなオーラが本当の美人を作り出している気がします。

美人の基礎力を上げるための 3つのアプローチ

でもそうはいっても、どこから手をつけていいかわからない!! という人も……。そこで美人としての基礎力を底上げするための3つのアプローチをご紹介します!

心に積もったイライラ、ストレスはすべてブスの元、瞑想タイムで心のデトックス!

若さだけで勝負の20代と異なり、30代以降の美しさには、その人の充実感や内面性がかならず表れてきます。そして内面性は、他人と自分を比べない姿勢や落ち着き、心の余裕に生まれるものと言ってもいいでしょう。そんなふうに自分自身に満足し、ありのままでいられると表情もやわらかくなり、美人な空気感が生まれるのです。
そのために必要なのは自分の心とよく向き合い、日々のストレスや自己嫌悪感を貯めこまないこと。まずは1日5分の“プチ瞑想”タイムで心を落ち着けるトレーニングを始めてみましょう。心にいろんな雑念が浮かんできますが、“ああ、今私の心の中にはそんな思いがあるんだな”とつきはなした態度で観察し、その雑念がやがて去っていくのを待ちます。
ときにはネガティブな気持ちやイライラが襲ってくるかもしれません。でもその勢いに飲み込まれてはダメ。そんなときはこんなイメージをしてみましょう。あなたは駅のプラットフォームで電車を待っています。そこへ“怒り”という名前の特急列車がやってきて、猛スピードで通過しています。でもあなたがその電車に乗る必要はないのです。だまって見送れば特急列車は過ぎ去っていくだけ。
そんな気持ちのコントロールができるようになると、ネガティブ感情に巻き込まれにくくなってきます。瞑想というとなんだか大げさな気がしますが、これは海外セレブや有能なビジネスパーソンたちがよくやっていること。まずは5分からスタートし、徐々に時間を長くしていきましょう。

マッサージで体の深部をよくほぐすことで心と体をつなげる!

美容院やネイルサロンに定期的に通っていても、マッサージに通っている人は少ないのでは?? でも私たちの生活はデスクワークや運動不足で想像以上に体がこわばり、疲労を貯めこみやすくなっています。猫背や腰痛では美しい姿勢も保てません。そのためにもできれば定期的にプロの手で全身マッサージを、それが難しい場合でも自宅で自分でストレッチやマッサージをして体の深部までほぐすことを心がけてみましょう。
自分の体をより労わる意識が高まり、心と体がつながりやすくなります。メイク、ヘアといった目につきやすい部分だけでなく、全身そのものを愛しみ大切にする気持ちでいてこそ、健やかな美しさを育んでいくことができるのです。

“こんな美人になりたい”イメージトレーニングを欠かさない!

生まれ持った顔立ちやスタイル、こればかりはよほど大規模な整形でもしない限り、変えることはできません。でもそんな自分を受け入れながら、“こんな美人になりたい”というイメージを持つことはとても大切。“きれいだな”と憧れる人が具体的にいると、その人を真似してみようという気分になり、向上心につながります。
あなたはその人のどんなところに憧れるのでしょう? 表情、ライフスタイルや生き方、そんな魅力を感じるポイントを自分なりにとり入れてみましょう。目指すものがはっきりしているほど、それに近づいていきやすくなります。

いかがですか? 若いうちは若さだけでおし進められる強さがありました。でもアラサー以降、きれいでいるためには表面的な部分だけでなく、もっと内面的なアプローチも必要になってきます。それは女性として生きていくうえで、自分をどう表現していきたいかということでもあります。自分の美人基礎力を底上げして、年齢に左右されないキレイを磨いていきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。