美容師さんにきいた! 乾燥に負けない美髪をキープする方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2017.01.21.Sat

最近、急に冷え込みが厳しくなってきましたね。皆さま、体調など崩されていませんか? 髪の毛はパサついていませんか? 髪の毛って、寒くなると途端にパサついてしまうじゃないですか。ホントに厄介ですよね~。というわけで、知り合いの美容師さんに乾燥に負けず美髪をキープする方法を聞いてきました!

乾燥が引き起こすアレコレ?

冬は、夏に比べて湿度が低くなります。乾燥した空気は肌の水分だけでなく、髪の毛の水分まで奪ってしまうのです。
知り合いの美容師さんによると、髪の毛の内側が乾燥してしまうと、うねりや毛先のハネを引き起こしたり、枝毛や切れ毛の原因にもなるんだそうです。さらに頭皮の乾燥は、フケや抜け毛を多くする最大の理由でもあるんですって! 加湿器をつけたとしても乾燥を完全に防ぎきることはできないし、夏のダメージも蓄積されている髪の毛にとっては(この時期は)あまりにも過酷すぎる状況というわけで……。

頭皮と顔の皮膚はつながっている=デリケート

頭皮の状態をよくしなければ髪の毛のコンディションはどんどん悪くなってしまいます。言われてみればそうなんですが、頭皮と顔はつながった1枚の大きな皮膚なんですよね。だから、(顔と同じように)乾燥すれば皮脂を出して保護しますし、デリケートさも同じというわけ。
「頭皮だし、それなりのケアで大丈夫かな~?」なんて考えは甘い(!)ってことです。顔と同じくらい丁寧に保湿ケアを行わなければいけません。

1: マッサージと保湿がマスト!

洗髪後に化粧水や保湿ジェルなどの、フェイス用スキンケアグッズを頭皮に塗布するだけで頭皮の乾燥を防ぐことができます。また、頭皮が脂っぽくて化粧水や保湿ジェルの潤い成分が入っていかなそうな場合は下準備が必要です。
アルガンオイルや白ごまオイル、椿オイルなどを頭皮に揉み込んでマッサージしてからシャンプー、トリートメントをすると、頭皮の皮脂をすっきり落とすことができ、血流もよくなるのでおすすめだと美容師さんから教えてもらいました!

2: タオルドライは優しく!

キューティクルが剥がれてしまうと、髪の毛のパサつきや広がりにつながります。
髪の毛のキューティクルはとても繊細なので、ゴシゴシ擦るとすぐに剥がれてしまいますので、根元から毛先に向かって、優しくパンパンとはたくようにしながらタオルドライしましょう。

3: 食事に気をつける

たんぱく質、ミネラル、ビタミン類を進んで摂取するように心がけましょう。肉、魚、卵、サーモン、牡蠣、かぼちゃなどは、髪の毛にイイとされている食材です。ストレスや冷えも髪の毛に栄養を届けにくくするひとつの要因です。身体を温めて、毎日のケアをしっかり行い、パサつき知らずの美髪をゲットしちゃいましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子