プロにきく! 意外と知らない髪の毛を早くキレイに乾かすドライヤーのコツ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
渡辺早織

Written by:

2017.01.07.Sat

こんにちは、渡辺早織(@w_saori)です。
多くの女性にとって避けては通れないのが“ドライヤー”。ロングヘアの人はとくにドライヤーの時間がかかってしょうがない! と悩みを超えたイラ立ちを持つほどかと思います(私)。さっとシャワー浴びて家を出ないといけないときなんかは、髪の毛を乾かす時間の方がシャワーよりかかるくらいですし、さくっとお風呂に入るということ自体がそもそも不可能なんですね。
だからって乾かさないわけにはいかないですし、髪が傷むだけでなく、冬場は寒くてカゼを引きそうになります。

プロにきく! 意外と知らない髪の毛を早くキレイに乾かすドライヤーのコツ!

とにかくいかにしてこの髪の毛を乾かす問題を解決するかに全力を注いでいるのですが、最近髪の毛のプロである美容師さんにきいた髪の毛を乾かす方法により、今までの半分以下の時間でドライヤーが完了するようになりました!
さらに早く乾くだけでなくツヤのある髪の毛に仕上がるので、今までなんだったのだろうというくらいご機嫌に仕上げています。ということで、意外と知らない髪の毛を早く乾かすコツをご紹介します!

タオルドライをあなどらない!

入浴後、水分がたくさん残っていると乾かすのに時間がかかります。頭皮をマッサージするように拭き、髪の毛はタオルで挟みながらやさしくパッティングするように水分をタオルへうつします。

湿気の少ないところで!

お風呂から出て、そのまま洗面所で乾かすとお風呂の湿度が影響して髪の毛が乾きづらくなります。ちょっとでも湿度が低い部屋を選び、風呂場から離れたリビングなどで乾かすと時間短縮になります。

ドライヤーの風向きを1mmも逃さない!

美容師さん曰く、ドライヤーの先端から箸が伸びているようなイメージで、その箸が頭皮にいつも当たるように風を当てることが大切だそう。ドライヤーの風が出る円の範囲が、すべて頭皮に向く角度からあてることが大切です。

乾かす順番は襟足から……!

髪の毛の毛先からではなく、まずは頭皮を乾かすことが大切。襟足から少しずつあがっていき耳のうしろ、そして頭頂部へ……というように美容師さんにドライヤーをかけてもらうように後頭部から前に向けてドライヤーをします。このとき少しうつむきになるとより乾きやすいです。

タオルをかぶってドライヤー

意外かもしれませんが、じつは髪の毛に直接ドライヤーを当てるよりも髪の毛の上にタオルをかぶり、その上からドライヤーをする方が早く乾くのだそう。タオルをかぶったことにより、空間が熱くなるためだとか。急いでいる人はぜひチャレンジしてみてください!

終わったあとは冷風で仕上げ

ドライヤーの冷風ってどんな意味があるの? っと省略してしまいがちですが、じつは冷風を当てることにより、髪の毛に艶が出ます。
冷風をするのとしないのでは仕上がりに格段の差が。ぜひ最後は冷風に切り替えて仕上がりの美しさを実感してください。

いかがでしたか?
早く美しく乾かせたら言うことはありませんよね。日々のことなので積み重ねて美髪を作っていきたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

渡辺早織

女優、モデル
1988年1月19日生まれ 東京都出身
趣味 ジョギング、料理、旅行
★日テレ『ZIP!』レギュラー出演中!
★Calbee じゃがビーCM出演中!
★クロレッツ CM出演中!
《略歴》
第5回ミスTGCグランプリ受賞
集英社『non-no』にてノンノフレンド、ノンノ専属モデルを経て、資生堂THE GINZAイメージモデルなどをつとめる
ホンダカーズ中部CMキャラクターなど映画やCM等に多数出演
4/10(木)スタート ドラマ「BORDER」(テレビ朝日系)レギュラー出演中
facebook:渡辺早織 / Watanabe Saori
ツイッター:@w_saori