「女とワインは古いほど良い」年齢とともに美しくなるために必要なこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
樋口 莉紗

Written by:

2016.12.09.Fri

日本では25歳をすぎたら売れ残りのクリスマスケーキにたとえられるなど、若ければ若いほどよいという考え方がありますよね。ですが、恋愛大国・フランスでは、女性はワインにたとえられ、「女とワインは古いほど良い」ということわざがあるほど、大人の女性は若い男性からの憧れの的なんです。
女性として、極上のワインになるにはどうしたらいいのでしょうか。外面と内面、それぞれを磨くために心掛けていくことをご紹介します。

外面を磨くために … 着飾るより内からの健康を目指す

どんな有名なメイクアップアーティストも、ボロボロになった肌を完全に隠すことはできません。10代はなにもしなくてもツルツルのお肌をキープできていたと思いますが、大人になったら基礎化粧品やヘルシーな食材にお金をかけるようにしましょう。服や化粧品など外面的に着飾ることにお金をかけるより、自分の素材そのものに投資するのが美しくなる秘訣。
また、睡眠・食事・運動のバランスを整えることも必要不可欠です。自分自身にお金と時間をつかってあげることで、もっと自分を大切にしたいと思えるようになり、その自己肯定感がお肌のツヤとキラキラオーラになります。

内面を磨くために … 一度きりの人生、たった一人の自分を思い切り楽しむ!

中国では、外見だけ美しい女性を「花瓶」とたとえるそうですが、中身がなくて壊れやすい美しさなんて……なんだかちょっと寂しい気がしてしまいますね。ところでみなさんは、「内面が美しい人」というとどんな人を思い浮かべますか?
仕事とプライベートが両立している人、笑顔が素敵な人、明るくて年上からも年下からも慕われている人――。こんな人たちの共通点、それは「自分らしくいることに幸せを感じている」ことです。
これまで(とくに若いころは)人と比べて落ち込んだりした経験は誰にだってあると思います。でも自分に自信があれば、人のことなんて気にならなくなるはず。これからは、パーフェクトな人生でなくても、たった一人の自分をもっと信じてあげましょう! そのハッピーオーラがさらに幸せを運んできてくれます。

でも、自信を持つにはどうしたらいいの……?

いきなり自信をもって! と言われてもどうしたらいいかわかりませんよね。
おすすめの方法は、褒め日記をつけることです。一日の終りに、その日の自分に対してほめてあげたいことをノートに3つ、書き出してみてください。
「今日も家事がんばった私えらい!」「友だちのため誕生日プレゼントを用意した私、優しくて素敵!」など、小さいことでOKです。毎日なんでもいいから誉めてあげる。続けていくことでどんどん自分のことが好きになってくるはずです。

心も体も健康になることでもっと美しい女性になります。この記事を読んだ皆さんが、内面も外面も輝く女性として最高の人生を送れますように。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

樋口 莉紗

2016年ミス・ユニバース・ジャパン広島大会で特別賞を受賞したことをきっかけにモデルとして活動を開始する。趣味はポールダンス。将来の夢は世界中を旅すること。  
Instagram: risangela.xx