美肌には逆効果!? 朝に食べてはいけない野菜&フルーツ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
齋藤 惠

Written by:

2016.12.05.Mon

グリーンスムージーやサラダなどでたっぷりの野菜とフルーツを毎朝とっているのに、肌のシミ・そばかすが改善されない……。
そんな人は、食べているものを見直してみて! 朝に食べると肌に逆効果となってしまうものが混ざっているかも!?

「朝の果物は金」とは限らない!

美肌や健康を維持するために、野菜やフルーツをたくさんとっている人は多いと思います。しかし、食べるタイミングに注意しないとかえってシミやそばかすの原因をつくってしまうことも。
ビタミン豊富な野菜やフルーツのなかには、紫外線を吸収して肌にためやすくしてしまう成分も含まれているんですよ!

シミ・そばかすの犯人は“ソラレン”かも!?

ソラレンは光によって活性化する作用のある物質です。植物に含まれており、野菜やフルーツにも含まれています。ソラレンの紫外線を吸収する力は約7時間も続くと言われており、朝にソラレンを多く含む野菜やフルーツを食べてしまえば、日中はずっと紫外線を積極的に身体へ取り込んでいることになってしまいます!
食生活に気をつけているにもかかわらず、肌の悩みが改善されないという人がいるならば、それはソラレンを含む野菜やフルーツを、朝たくさん食べ過ぎているせいかも知れません。

“ソラレン”を多く含む食べ物は?

では、具体的にどんなものにソラレンが含まれているのかをご紹介します。

野菜

・パセリ
・セロリ
・きゅうり
・大葉(しその葉)
・じゃがいも

果物

・キウイ
・グレープフルーツ
・レモン
・オレンジ
・いちじく
・みかん

全体的に、野菜ならセリ科、フルーツなら柑橘系を朝にとってしまうと、ソラレンをたっぷり摂取してしまうことになるようです。

朝でもOKな野菜&フルーツは?

次は逆に、朝に積極的にとったほうが良い食べ物をご紹介します。

野菜

・レタス
・大根
・トマト
・かぼちゃ
・ごぼう
・かぶ
・ニンジン

果物

・りんご
・スイカ
・ぶどう
・いちご
・バナナ
・もも

こちらは野菜なら根菜類、フルーツなら柑橘系以外といった印象でしょうか?
とくにトマトに含まれるリコピンには、紫外線から生まれるメラニン色素の発生をおさえてくれる作用がありますから、朝にたくさん食べたほうがいいですね。
また、OK食材としてあげた大根ですが、皮の部分にはソラレンが多く含まれているので、きちんと剥いて食べてください。

これらの食材リストを参考にして、さっそく次の朝から、グリーンスムージーやサラダのメニューを見直してみましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

齋藤 惠

2015年2月に結婚。
2015年8月からWebライターとして執筆を開始。
連載「パピマミ」http://papimami.jp/specialist/saitomegumi
ブログ「幸せになる家計簿」http://ameblo.jp/days-saito/
“ログハウスでおしゃれに暮らす”のが夫婦の夢♡