肌の透明感が変わってくる! 拭きとりクレンジングで素肌美人になれる理由4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.11.30.Wed

寒さや乾燥で肌へのダメージが深刻になってくるこの季節、肌がカサカサになったり、くすんだり見えて、気になりませんか? なんだか透明感がなくてハリがない……。そんなときこそスキンケアの基本に戻って、よーく考えてみることが肝心。まずは洗顔、クレンジングを見直してみませんか?

拭きとりクレンジングで素肌美人になれる理由4つ

筆者はずっと、洗顔とはとにかく汚れを落とすことが肝心ということで、固形石けんでの洗顔派でした。でも最近、拭きとり化粧水をプラスすることで肌質が大いに改善! 毛穴の黒ずみや肌のくすみなど気になる部分がだいぶ目立たなくなって、肌全体の透明感もアップしたような気がします。「もっと早く始めておけばよかった!!」と思うばかり。
そこで今回は、拭きとりクレンジングで素肌美人になれる理由をまとめてみました。

お水でゴシゴシ洗顔はかえってダメージの元、それでもとれていない汚れがある!

多くの人が朝夜、水道水で洗顔していると思いますが、洗い流しやマッサージのつもりで、ついつい肌をゴシゴシ擦ってしまっていることがあります。これは美容家の石井美保さんも指摘していることで、そんな習慣から色素沈着や乾燥にもつながってしまうこともあるとか。ケアしているつもりでダメージを与えている……なかなか恐ろしいことです。でもそうやってしっかり洗ったつもりでも、とりきれていない汚れがあるんです。
洗顔後に拭きとり化粧水でさっと拭きとってみると、なにやらコットンが黒ずんでいることがあります。きちんと洗顔したつもりでも落とし切れていない汚れも、拭きとりクレンジングでオフすることができるんです。“百聞は一見に如かず”、一度試してみてください。

古い角質がとり除かれ、スキンケアの美容成分がお肌に浸透しやすくなる!

拭きとりクレンジングで素肌がキレイになる一番の理由は、おそらくこれ。拭きとりクレンジングには古い角質を落とすピーリング効果もあるため、肌が柔らかくなり、そのあとの化粧水、乳液、美容液といったスキンケアの成分がお肌の奥までしっかり浸透するコンディションを整えてくれるのです。
どんなに高額な乳液や美容液も深部まで浸透しなくては意味がありません。拭きとりクレンジングはその後のケアの効果を最大限に引き出すためにもなくてはならない存在。それほど高額でもないのでトライしやすいのも魅力です。“高いスキンケアアイテムを使ったのに、効果がなかった”なんて経験がある人も、一度拭きとりクレンジングを日頃のケアに加えてみたら、効果を実感しやすくなるのではないでしょうか。

洗顔の代わりに、拭きとりクレンジングで“時短”美容にもなる

基本は洗顔後に拭きとり化粧水で……ということですが、時間がないときや、洗顔が面倒くさいときなどは洗顔の代用として、拭きとりクレンジングだけでも大丈夫なのです。
忙しい朝は拭きとりクレンジングで時短、夜はしっかり洗顔後に拭きとり……というふうに使いわけてもいいでしょう。洗顔のステップを省略するだけで、時短効果は大幅にアップ!1本で化粧水も不要というアイテムもあるので、時短美容を心がけている人にはまさにうってつけです。

洗顔、拭きとりクレンジング、両方したり使いわけることでスキンケアのレベルもアップ

どんなに拭きとりクレンジングが効果的でも、やはり普段の洗顔は外せないという方ももちろんいらっしゃるでしょう。もちろんそれでも構いません、でもいつもちゃんとケアしているのに肌のコンディションが悪いなと思ったり、なんだかスキンケアの成分がちゃんと浸透していないと感じたとき、駆け込み的に拭きとりクレンジングを活用してみるのもアリです。敏感肌で刺激に弱いという方は拭きとりクレンジングを週1、週2といった頻度でとり入れてみるのもいいでしょう。
いずれにしろ、スキンケアのバリエーションはいろいろ知っておいたほうが便利。お肌のコンディションに合わせてうまく使いわければ、スキンケアのレベルも底上げされ、素肌力が高まるはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。