朝シャン派必見! 髪をできるだけ早く乾かす5つのトリック

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2016.11.21.Mon

忙しい朝、髪の毛を乾かす時間がない! そんなときに知っておきたいのが今回ご紹介する裏技。この裏技を使えば髪を乾かす時間が大幅にカットされるはず。今回は髪をできるだけ早く乾かす5つのトリックをまとめてみました。

くしを入れながらコンディショナー

ヘアコンディショナーは髪をサラサラにするだけでなく、髪を早く乾かす効果もあるってご存知ですか? 多くのヘアコンディショナーに含まれるシリコン成分が髪をコーディングして水分を排出してくれます。コンディショナーが髪一本一本に行き渡るようにシャンプー後にヘアブラシをいれて髪をとかします。
さらにくしを入れながらコンディショナーをつければ完璧! 髪がいつもより早く乾くのを実感できるはずです。

マクロスファイバータオルで根元から乾かす

髪を洗ったあとにタオルでゴシゴシ拭くのは髪のキューティクルを傷つけるのでNG。ゴシゴシ拭きではなく濡れた髪は優しくタオルで包んであげましょう。このときタオルはマクロスファイバータオルをチョイスするのが◎。水分の吸収性が高いマイクロファイバータオルは髪をいつもより早く乾かすための必殺道具。
また根元から乾かすことも髪を早く乾かす上で重要なポイントです。

タオル付きブラシを使う

アメリカ発タオル付きブラシは朝シャン派の強い味方。マイクロファイバータオルがブラシのなかに内蔵されているので梳かすと同時に髪を拭くことができます。日本でも雑貨店やネットで購入することができます。

ドライヤーの温度ではなく風量を調節

急いで髪の毛を乾かすと、ついついドライヤーの温度を高く設定してしまいがちですが、髪を傷めてしまう原因になるので要注意。
髪を早く乾かしたいのであれば温度ではなく風量を最大にするのが◎。髪を傷めるリスクを避けつつ早く乾かすことができます。
またこれからドライヤーを購入するのであれば、風量が大きいものをチョイスするのが◎。

タオルとドライヤーを同時に使う

タオルドライした髪に乾いたタオルをのせます。その上にドライヤーを当てると、みるみるうちに髪の毛が乾いていくのを実感できるはず。タオルに吸い込まれた水分はドライヤーの熱で蒸発してしまうので、タオルを変える必要はありません。
髪を素早く乾かす方法、いかがでしたか? 髪はドライヤーで乾かしすぎると傷みの原因となるので80%くらい乾いたら自然乾燥に切り替えるのが理想的です。ドライヤー消費時間を大幅カットして、朝の時間を有効に使いましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr