7月は湿気+紫外線に要注意! ダブルパンチを阻止するトラブル別ヘアケア4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2016.07.14.Thu

一年のなかで梅雨の時期よりもさらに髪が扱いにくくなる7月。それはまだ梅雨明けしていない湿気+紫外線の影響でうねりやごわつきなどトラブルのダブルパンチがあるから。
朝、キレイにセットしても会社に着くころにはボロボロ……それを阻止するトラブル別ヘアケア4つをお伝えしていきます。

7月にあるある髪の毛の悩み

1: 広がる髪

【原因】
髪内部の水分量が不足すると広がる原因に。また、ダメージにより髪のキューティクルがめくれるとそこに湿気が入りこみ、髪がさらに広がります。

【対策】
髪の構成するアミノ酸を毎日補給! 毎日のシャンプー&コンディショナーをアミノ酸系にチェンジすることで、栄養補給をしながら洗浄できます。また、スタイリング剤は濃厚なトリートメント効果の高いものを選べばまとまる髪に。

2: ぺちゃんこ髪

【原因】
見た目は元気がなくボリューム不足な状態。アラサー女子に多い悩みのひとつで、もともとやわらかい毛質に加え、頭皮の栄養不足や逆に頭皮の皮脂が多すぎて髪にハリやコシがなくなっている状態です。

【対策】
第一に頭皮環境を整える! 髪にボリュームが出ない場合、頭皮環境を整えることが先決です。頭皮に負担をかけないノンシリコンのシャンプー&コンディショナー、スカルプ美容液のアウトバスケアで皮脂バランスを整えましょう。シャンプー中の頭皮マッサージも忘れずに。

3: うねる髪

【原因】
とにかくまとまらない! 本来持っているクセが原因だけでなく、加齢により頭皮が衰えたり血行不足により毛穴がゆがみ、髪がうねってしまっている状態です。

【対策】
クセ抑制ケア&ブローでカバー! クセ対策のシャンプー&コンディショナーの投入はもちろん、加齢による頭皮環境を整えるアウトバスケアは、ストレートアイロンでやみくもに伸ばしていたら髪が傷む一方なので、美容師が使っているようなきちんとしたブラシでブローをしっかり行うことでうねりが軽減!

4: ごわごわ髪

【原因】
見た目もツヤ感がなくかたそうに見えるごわごわ髪。パーマやカラー、紫外線などで傷んで、キューティクルが剥がれた部分と残っている部分が混在することでごわついて見えます。

【対策】
ダメージを予防&補修ケアを! ごわつきのおもな原因がハイダメージだからこそ、傷み予防と修復ケアを徹底して? シャンプー&コンディショナーのほかにヘアパックの追加を。
また、シャンプーの前にブラッシングをすることでシャンプー時の摩擦によるダメージを軽減できます。とくに夏は髪の日焼け止めスプレーや帽子で紫外線をカバーすることも重要です。

まとめ

自分の髪のタイプとその原因&対策を知っておくことで髪が扱いやすくなりトラブルも軽減! 7月の湿気と紫外線のダブルパンチに負けないよう、しっかりと自分の髪と見つめなおしてみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/