もっとヘルシーな健やか美人になるためのライフスタイルアドバイス4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.06.12.Sun

女性のきれいのみなもとは、やはりなんといっても心身ともに健康的であること。自分の体調をうまく管理できているからこそ、いつも元気で、はつらつと過ごすことができるのです。
そこで今回は、よりヘルシーなライフスタイルを送るためのアドバイスをご紹介! 健やか美人をめざしてみましょう。

1: ヨガをして、心と体のつながりをより実感する

ハードなスポーツはしたくないという人でも、ヨガは気軽にはじめられるし、しなやかな体づくりのためにもとても効果的です。またリラックス効果もあり、心と体のつながりを実感できるのもヨガのメリット。
普段の生活ではなかなか意識できないことだからこそ、ヨガを生活にとりいれて、心身のメインテナンスにとりくんでみましょう。
ヨガはストレス解消にもよいといわれているので、仕事や育児にいそがしい日々をおくっている人にもおすすめです。

2: ボディメイクの一環として、ウェイトトレーニングをはじめる

「やせてきれいになりたい」とダイエットをはじめる女性も多いですが、食事制限をしたり、体重計とにらめっこするばかりではきれいなボディラインにはなりません。とくに女性は30代にもなれば代謝も落ちてくるので、きちんとボディメイクを意識したほうがよさそう。
その一環としてぜひとり入れてほしいのが、ほどほどのウェイトトレーニング。筋肉がつきそうで女性からは敬遠されがちなウェイトトレーニングですが、じつは骨や筋肉の強化、代謝アップに効果的。年齢をかさねても丈夫で健康的な体でいるためには、大事なエクササイズなのです。
また、筋肉はカロリー燃焼率もよいので、スリムな体型を維持するためにも大切なボディパーツ。ですからボディメイクとして、はじめてみる価値がじゅうぶんにあります。
とはいえ、重すぎるウェイトを使って、たくさん回数をかさねることがよいとはかぎりません。女性にとって好ましい効果をあげるには、6回以上は持ちあげられるけど10回以上はできない、というくらいの重さのものを使用すること。
ちなみに自宅でも使いやすいダンベルなら、1kgから1.5kgくらいのものからはじめるのがおすすめです。

3: 炭水化物を正しく食べる

「炭水化物を食べると太りやすい」そんなふうに考えて炭水化物をさけたり、まったく食べないようにしている女性が多いのだとか。
でも炭水化物といっても、とくに精白されていない全粒のパスタやパン、そして玄米などは食物繊維が豊富なことでも、もっと見直されていい食材だとおもいます。
イギリスでは1日の、食物繊維の推奨摂取量(30g)を満たしている女性が70%、男性では87%という結果がでていることからも、女性には食物繊維が不足している人も少なからずいることがあきらかになっています。
食物繊維は空腹感を満たすだけでなく、お通じをよくしたり、腸内環境を整え美肌づくりにも役立つなど、さまざまな嬉しいメリットがあるので、炭水化物を一方的にさけるのではなく、食物繊維の点からも、正しい食生活を見直してみましょう。

4: ノンカフェインのハーブティーを食生活にとりいれる

朝起きてすぐ、または午後や夜、毎日コーヒーを数杯のむのが日課となっているという人も多いことでしょう。
でも、そのたびに砂糖やクリームをいれていたら、糖分や脂肪分もかなりの量に。それにカフェインには依存性もあるので、毎日たくさんのむことがあたり前になっているのも、ちょっと危険な気がしませんか?
もっと体にやさしく、刺激の少ない飲み物を習慣にしたい方は、ノンカフェインのハーブティーをとりいれてみてください。ハーブティーの魅力は、香りにいやされるだけでなく、美容効果があったり、いろいろな栄養をとることができること。
とくに、女性として嬉しいのは……

・ 抗酸化作用があり、アンチエイジングとして期待できる“ルイボスティー”
・ ビタミンCが豊富で、美白美肌効果にすぐれた“ローズヒップティー”
・ やさしい香りで安眠へといざなってくれる“ラベンダーティー”
・ デトックス作用のある“ハトムギ茶”

などなど。ハーブは大昔から体の不調に役立ったり、薬として使用されてきたものだけに、体にもよい効果をもたらしてくれることはたしか。効きめはマイルドかもしれませんが、せっかくなら体によいものを普段からとるようにしましょう。
コーヒーを100%たってしまう必要はありませんが、ハーブティーも上手に組み合わせることで、ヘルシーさとキレイもアップします!

▽ 参考記事(海外サイト):Men should exercise their pelvic floor and women should lift weights

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。