紫外線ケアの季節到来! シミを作らない正しい日焼け止め講座

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2016.04.23.Sat

晴れた日は、初夏の陽気になることも。1年でもっとも紫外線が強くなる季節の到来です! 真夏にならないと紫外線対策をしていない……という方、もうすでに紫外線ダメージははじまっています! 今年こそ早めのUVケアで美肌を守りましょう。

紫外線は肌老化の原因! 早めのケアを

紫外線はシワ・シミ・たるみなどあらゆる肌老化の原因に。ニキビや肌荒れにもつながります。毎日のスキンケアにUVケアをとり入れて、若々しい理想の美肌をキープしたいですよね。まずはいつもの紫外線対策の見直しから。よかれと思ってやっているUVケアが逆効果になっているかも!? NGお手入れ方法をチェック!

□ 日焼け止めは気になる部分にだけ塗る
□ ベタつくから少量だけ塗っている
□ 朝塗って、そのまま1日過ごしている
□ 室内で過ごす日はUVケアしない

どれもやってしまいがちですが、紫外線ダメージを増やしてしまう間違ったケアなのです。さっそく、理想の紫外線対策ケアを見直してみましょう!

間違ったケアを見直し! UVケア講座

気になる部分だけ塗ればいいの?

日焼け止めを、シミやニキビなど気になる部分にだけ塗っている……それは危険な間違いケアです! 実は紫外線は浴びた部分すべてからダメージになります。
たとえば、顔だけしっかり塗っていても、腕を塗り忘れて紫外線を浴びてしまうと、そのぶんも肌ダメージとして全身のシミ原因になってしまうのです。露出しているところはできるだけすべて日焼け止めを塗るように。薄着の季節は、隠れている部分も塗っておくのが正解です!

日焼けの選び方が知りたい!

日焼け止めは行く場所や生活習慣によって、まずは適切なSPFとPAを選びましょう。

□ 夏の海や山、レジャーにはSPF40以上、PA++以上
□ 夏のデイリーケアにはSPF35以上、PA++以上
□ 春のデイリーケアにはSPF25前後、PA++

そして使い心地も重要です。クリームタイプは、保湿力が高いので乾燥肌の方に。ミルク、ゲルタイプは、ベタつきが苦手な方に。みずみずしい使い心地なので、日焼け止めが苦手な方にはオススメです。
スプレータイプは、レジャーのときなどの塗りなおしに。自分の好みで選んでみましょう!

1日に何回塗りなおせばいいの?

一般的に日焼け止めの持続効果は、15分×SPFの数値といわれています。SPF30なら、15×30=300分の効果がありますが、実際には汗や皮脂で日焼け止めが流れてしまうので、2~3時間おきに塗りなおすのがいいといわれています。

室内で過ごすときはケアしなくていい?

家で過ごしていても紫外線を浴びているのです! 紫外線は雨、くもりの日でも降り注ぎ、紫外線UVAは窓ガラスを通過して肌にダメージを与えます。家の中にいても、日焼けしてしまう可能性大。
今日は家で過ごすからと日焼け止めを塗らずに過ごさずに、毎朝の習慣でこまめに塗るようにしたいですね!

日焼け止めだけでメイクしなくていい?

ナチュラルメイク派の方は、日中は日焼け止めだけファンデーションは塗らないという方が多いですが、ファンデにも紫外線をカットする効果があります。とくにパウダーファンデはUVケアに役立ちます。塗りなおしできないときは、パウダーファンデを重ねづけするだけでも効果的だといわれています。ファンデも紫外線対策のひとつと心得たいですね。

まとめ

日焼け止めを春からしっかりと使っておけば、新たなシミを防ぐことができるはず! 内側からはビタミンCを摂取してメラニンの生成をおさえて、美白ケアにもアプローチしてみましょう! 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net