化粧水スプレーは逆効果?  今すぐ見直したい“間違った”潤い対策

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2016.03.25.Fri

春のはじまり、心はワクワクしますが、お肌の調子はイマイチ……なんてことはありませんか? 季節の変わり目は気候が不安定になり、肌質が低下しやすいもの。さらに、冬の間に空気の乾燥により、1年でもっとも肌が乾燥した状態に。外的ダメージを受けやすい状態になっています。

春先こそ! 潤いケアを意識して美肌づくり

気候が不安定で、肌トラブルが起こりやすい春先。お肌のダメージを最小限に防ぐためには「バリア機能」を高めることがポイントです。気候の変化、紫外線、強風などの外的ダメージ、ストレスや疲れなど内的ダメージにも負けない強い素肌をつくるためには、毎日の保湿ケアを強化してバリア機能を高めることが一番だといわれています。いつも以上に念入りに保湿をしておきたいもの。化粧水の量を増やしたり、パックをしたり――真冬よりもしっかり潤いケアを意識しましょう!
潤い強化にはクリームや乳液などの油分よりも「美容液」で保湿がオススメです。油分は与えすぎるとニキビのもとになってしまうので、化粧水→美容液のステップを忘れずに。

うわさの保湿ケアは正しい? 毎日の潤い対策を見直して!

美容液で潤いを与える以外にも、肌の保湿ケアとしてさまざまなことが「いい」と言われていますよね。ただそれは科学的根拠がなかったり、逆効果になることもあるといわれています。よかれと思って続けている保湿ケアがじつは乾燥を招く原因になっていた! なんてこともあるので注意しておきたいものです。

じつは効果がない!? 間違った潤いケア

化粧水をスプレーする

心肌が乾いてしまったときに、化粧水・ミネラルウォーターなどをシュッとスプレーするといい――そんな話を聞いたことがあるはず。でも化粧水や水には保湿成分が十分に含まれていないため、与えた水分は10分ほどで蒸発してしまいます。肌の水分も一緒に蒸発して逆に乾燥を悪化させることもあるので危険です! 外出先で保湿したいときには「潤い成分が配合された美容液」をメイクの上からそっとなじませるようにしましょう。

スチームをあてる

スチームも水分だけなので、肌にとどめることができず、すぐに蒸発してしまいます。スチーム後は潤いがアップしたように感じますが、効果は10分程度。スチームで肌をやわらかくしたあとはそのまま放置しておくと逆効果。すぐに化粧水や美容液を与えるのが正解です! 

水をたくさん飲む

水分を多めにとると、その分だけ肌が乾燥しにくくなる……なんてことはありません! 体内に蓄えておける水分量は決まっているので、余分に飲んだ分は体内から出て行ってしまいます。とはいえ水分をとることは大切。一気にたくさん飲むよりものどが渇いたらこまめに水分をとるようにしましょう。

まとめ

保湿ケアは都市伝説的なものも多く、よかれと思っていたのに「乾燥を招いていた!」なんてことも。潤いを高めるためには、ヒアルロン酸、セラミドなど肌自体の保湿力を高める成分が配合された化粧品を使うのもオススメですよ! 春先の不安定な揺らぎ肌を解消するために、まずは毎日の保湿ケアを見直してみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net