肌のくすみ解消! 食べるたび、透明感をとり戻す最強美白食材リスト

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2016.02.15.Mon

鏡をみて「なんか顔色が暗い」と感じたことはありませんか? 冬になるとお肌のくすみが気になるという声が多くなるそう。以前「どんより肌注意! 4つの“くすみ”タイプ別、透明感をとり戻す方法」とくすみ別透明感アップ術をご紹介しましたが、今回は食べてくすみをオフする食材リストをチェックしてみましょう!

どんより顔はイヤ! くすみ別に効果的な食材を食べよう!

代謝や血行を促進して、透明感をアップするためには、栄養価の高い食べ物をとることも重要です。タイプ別に効果のある食材を紹介しますが、自分のタイプがよくわからない場合は、バランスよく栄養素を補うことで改善しましょう!

乾燥くすみタイプ

お肌の保湿効果を高める「ビタミンA」が有効! 緑黄色野菜に含まれるベータカロテンで、足りないビタミンAを補給します。

【ビタミンAを多く含むのは?】
・ うなぎ、レバー、にんじん、ほうれん草――などの緑黄色野菜

血行不良くすみタイプ

皮膚の血行を促進、温度を上昇させる効果がある「ビタミンE」が有効。冷え性を予防する効果も期待できます。

【ビタミンEを多く含むのは?】

・ アーモンド、ツナ缶、たらこ、モロヘイヤ、かぼちゃ、うなぎ――など

メラニン蓄積くすみタイプ

メラニンタイプには「ビタミンA」、動物性食品に多く含まれる栄養素で皮膚の粘膜を強くする効果があります。

【ビタミンAを多く含むのは?】

・ うなぎ、レバー、ニンジン、ほうれん草――などの緑黄色野菜

角質蓄積くすみタイプ

角質が溜まっているタイプは「ビタミンE」で角質硬化を防止、抗酸化作用をアップ! 若返りビタミンともいわれています。

【ビタミンEを多く含むのは?】
・ アーモンド、ツナ缶、たらこ、モロヘイヤ、かぼちゃ、うなぎ――など

「乾燥タイプ」「メラニン蓄積タイプ」はビタミンA、「血行不良タイプ」「角質蓄積タイプ」はビタミンEで改善できます。自分がどのタイプかわからない場合は、ビタミンAとビタミンE、両方とっておけばタイプに関係なく、くすみ改善ができそうですよね!

その他、くすみ改善に役立つこといろいろ!

産毛を処理すると顔色が明るくなる!

顔の産毛を処理するだけで、顔色が明るくなり化粧水や美容液が浸透しやすくなるなど、スキンケアでもメリットが。産毛のせいでくすんでみえる可能性もあるので、あまり産毛剃りを意識してない方はぜひチャレンジしてください。

タバコはくすみの原因に!

タバコを吸っている方は肌がくすみやすいので注意。毛細血管を収縮させて、血液の循環機能を低下させ血行不良の原因に。さらに大量のビタミンCが失われて、肌の新陳代謝がダウン。全身のお肌がくすんでしまいます。透明感を目指すなら、今年こそ禁煙を目指してみましょう!

大切な日の前日はシートパックでくすみオフ!

朝、鏡を見て「今日は顔色がどんより」。そんなときはパックで肌を密閉させて有効成分を押し込む応急処置を。保湿効果のあるシートパックは、ほかのスキンケアよりも即効性があります。お出かけ前にパックで即効くすみを改善させましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net