どんより肌注意! 4つの「くすみ」タイプ別、透明感をとり戻す方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2016.02.09.Tue

最近、顔色がどんより暗い。全身の肌色がトーンダウンしてみえる。そんなふうに感じませんか? 冬は「お肌のくすみ」に関する悩みが増える季節です。お肌にくすみが生じてしまうと、透明感が失われて美肌度がダウン。老けて見える原因にも……。「くすんでしまったら、治せない?」そんなことはありません!
毎日のお手入れ次第で、少しずつ改善することができます。まずはくすみの原因を知っておくことが大切です。

くすみの原因は4つ! まずは自分のタイプを見極めて

なんだか以前より顔がどんよりしていると感じたことはありませんか? そんなとき、知らない間にお肌がくすんでいる可能性が! くすみと一言でいってもタイプがありますので、まずは原因をチェックしてみましょう。

1. 乾燥くすみタイプ

洗顔後に肌がつっぱたり、シワっぽい感じがするのは、肌が乾燥している証拠です。乾燥が原因で肌色がくすんでいるタイプは、いつも以上に保湿を強化。シートパックや美容液などをプラスして透明感をとり戻しましょう!

2. 血行不良くすみタイプ

毎日シャワーだけですませている、睡眠時間があまりとれていない、運動不足など、血行が悪くなる生活習慣を続けていると血の巡りがダウンしてくすみがちに。入浴をして睡眠時間を増やすだけでも透明感はアップします!

3. メラニン蓄積くすみタイプ

若いころに紫外線を大量に浴びることが多かった人に多いメラニンが蓄積されたタイプ。シミと同じように、毎日の美白ケアで改善できます。紫外線対策とともに、ビタミンCを摂取したり美白化粧品を使いましょう。

4. 角質蓄積くすみタイプ

30代以降で、なんとなく肌がゴワゴワしたり、ニキビや吹き出物が治らない……と不調を感じている方は角質が溜まっていて肌がくすんで見えている可能性があります。肌にやさしいタイプのピーリングで角質ケアを。くすみの原因がはっきりしない場合は、すべての原因に当てはまる対策を心がけてみると◎。保湿・生活習慣の見直し・美白ケア・角質ケアでくすみをオフしましょう。

くすみの原因になる生活習慣もチェック!

□ スキンケアは化粧水だけ
□ 日焼け止めを塗っていない
□ 角質ケアをしたことがない
□ 運動不足が続いている
□ 睡眠不足が慢性的
□ シャワーだけで済ませている

どれもくすみにつながるNG習慣です。当てはまる方はさっそく見直しを! 肌のくすみは見た目年齢をぐっと引きあげてしまうので、毎日の習慣&ケアに注意して透明感をとり戻したいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net