微熱は風邪じゃない! なにもしないで美女に若返る温度は●●度で!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2016.02.03.Wed

風邪を引いたときに出る熱は、体の免疫力を高めてウイルスを追い出そうとしているから。熱は体の免疫力や抵抗力と比例します。実はもっとも細胞の新陳代謝が活発で健康な状態といわれるのが37度!
平熱が35度台も珍しくないこの低温ご時世に37度を目指せばみるみる若返る・痩せる・美肌になる……内側からキレイになれるのです。

体温の低温化が問題に

日本の平均平熱は1957年では36.89度だったのが2008年では36.14度に。毎年ダウン傾向にあり、近年の冷暖房の普及やストレスが原因と考えられています。体温がさがると体温調整機能=免疫力が低下。感染症やアレルギー、がん患者が増加しているのはこれが原因といわれています。しかし、体温を1度あげるだけで免疫力が6倍に!

37度は若返る

低体温は体の酸化が加速し、なにもしなくても老化が進みます。全身の血管が収縮してドロドロ血液となり老廃物が体に溜まるからです。抗酸化物質の体内生産が少なくなる30代以降に低体温だと肌のシワや白髪、物忘れ、骨が弱まるなど美容と健康を虫食み老化が加速します。それが1度あげるだけでアンチエイジング効果になるのなら、あげなきゃ損!

37度は痩せる

「カロリー=熱量」なので37度になると高い体温を維持するために多くのカロリーを必要とします。そのため基礎代謝があがり、たんぱく質や脂質などの栄養素をスムーズに消化吸収し、熱エネルギーに変換。同じものを食べていても体温があがればあがるほど太りにくい体質に。1度あがると一日あたり約130kcalをなにもせずに消化できるように。運動にたとえるとウォーキング30分のカロリーが勝手に燃えるほど!

37度を目指して美人になろう

体温をあげるポイントは、

代謝アップ

・ スクワット等で筋力アップ
・ 赤い下着を身に着ける
・ 食事は温かい物から食べる
・ 薬指以外をもむ
・ 全身浴で肩まで浸かる
・ 水分はすべて常温かホットで
・ 季節の旬食材をたくさん食べる

自律神経を整える

・ よく笑う
・ 水もかんで飲む
・ 腹式呼吸で呼吸エクササイズ
・ 生姜紅茶を飲む

まとめ

37度は体の酵素が最大活性する温度! だからこそ美健康のために微熱は必須。体温をあげるのに要する期間は赤血球がすべて入れかわる約4か月。一生のうちのたった4か月がんばるだけでみるみる美しく健康になれるのですから意識をして長期的にとり入れてみてください。
まずは疲れにくくなった、生理前なのに肌がキレイなどの小さな変化から、まわりで風邪が流行っているのに自分だけ健康……などうれしい実感が増えていくでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/