毎日やっていたら危険! お肌の乾燥が悪化しちゃう原因チェック!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2016.01.13.Wed

気温がぐっとさがり、お肌の乾燥が気になる本格的な冬がやってきました。これからの季節、湿度が低下していくので「お肌がカサカサ」と感じる場面が増えてしまうもの。朝しっかり潤いケアをしたのに、夕方になると乾燥してしまう……。そんな乾燥トラブルには、毎日のスキンケアの見直しを!

まずは、お肌が乾燥する原因をチェックしましょう!

「最近、お肌が乾燥してメイクのノリが悪い」「手先がカサカサする」――。冬になると、乾燥トラブルに悩む方々の声が多くなります。乾燥対策をする前に、まずは、乾燥の原因を確認してみましょう! 空気の乾燥・冷え・紫外線などの外的環境によるダメージ、年齢を重ねるととともに肌の細胞は衰えていきます。すると、お肌の角質内部に抱え込んでいる水分が流出しやすくなり、お肌が乾燥してしまいます。

乾燥の原因はなに?

□ 洗顔のしすぎ
□ 紫外線
□ 保湿ケアをしていない
□ 油分、栄養不足
□ 加齢
□ 空気の乾燥、暖房
□ 化粧水しかつけていない
□ オイルでメイクを落としている
□ コットンでパッティング

当てはまることはありましたか? どれもお肌を乾燥させるNG習慣だといわれています。乾燥が気になるときには、上記の習慣を避けてみましょう! それだけでも乾燥度合いが変わってくるはずです。

乾燥には「保湿効果のあるスキンケア」を!

保湿=化粧水をパシャパシャ、多めにつければいいと思っていませんか? 実は、化粧水をたっぷり使っても、乾燥が防げるわけではないのだとか。むしろ水分が蒸発しやすくなってしまうこともあるそうです! 水分を保持する力が低下している乾燥肌には、保湿成分が高い化粧水や美容液を浸透させたあとに、乳液やクリームなどでフタをしてあげましょう。

保湿効果が高い成分

セラミド

お肌の角質内細胞のスキマを埋めて、水分や油分を抱えこむセラミド。年齢とともに減ってしまうので、スキンケアで補うことが大切です。化粧水などセラミド配合のものを使ってみると◎。

ヒアルロン酸、アミノ酸

角質細胞内にあり、水分を蓄える効果が。年齢や外的要因によって減ってしまうので、化粧水、美容液などにヒアルロン酸配合、アミノ酸とかかれたものを選んでみましょう!

ワセリン、ミネラルオイル

お肌の水分流出を防いで、バリア機能を高める油性成分も必要です! セラミドやヒアルロン酸と一緒に水分を蓄えたあとに、ワセリン・ミネラルオイルなどで保湿ケアの仕上げを。ワセリンはベタつきが少ないものを選ぶと使いやすいです。

ニキビ肌には油分を避けて

潤いを守る油分はニキビのものアクネ菌の大好物。ニキビが気になる部分には、油分を含むケアは避けた方が◎。美容液でしっかり潤いを閉じこめましょう!

普段使いのスキンケアにプラスしても

毎日使っているスキンケアに、セラミドやヒアルロン酸など配合の化粧品をプラスして使うのもオススメです。乾燥が気になる時期は、重ねづけして潤いをしっかり守りたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net