冬の美ボディは「洗わない」で作る! お湯だけで全身美肌に変身!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2016.01.11.Mon

冬は全身かゆくなったり乾燥が目立つことが多くありませんか? 放っておくことで乾燥した肌がトラブルを起こしたり角質が厚くなり、黒ずみやザラツキ地獄に……。お風呂あがりに保湿ケアをしても、全身の乾燥が気になるという方は必見です。

体は「洗わない」で美しくなれる!?

ほとんどの女性が石けん(ボディソープ)を使って体を洗っているのではないでしょうか? 実は美ボディになりたいならそれはNG行動! 「冬は洗わない=不潔」じゃないのです。
肌の表面には善玉菌がいて、酸性膜を作り、肌を守ってくれています。しかし、ボディソープなどを使ってゴシゴシと洗ってしまうことで必要な善玉菌や角質や皮脂を流してしまうのです。すると、肌のバリア機能が低下して乾燥や肌荒れを招きます。
特に皮脂はべたついたりすると悪者扱いされていますが、肌を守る上でとても大切な存在です。タオルやブラシでゴシゴシとこすりすぎると刺激で角質が厚くなったりシミの原因になったりするので、素手でやさしくなで洗いするのが一番!
水で洗い流すだけでも皮膚の汚れはじゅうぶん落とすことができます。石けんを使うのは頭・脇・デリケートゾーンなどの毛の生えている部分や足の指の間くらいでOK。洗い過ぎは老化のもとと心得て!

冬のカサカサボディを撲滅!

冬のお風呂あがりのボディケアは常識! むしろ、ケアしても乾燥してしまう人が多いこの時期は、ボディケアだけでなくこれらをとり入れることで、カサカサボディを撲滅できます。

水素水を飲む

お風呂中はもちろん、日中も水素水をとり入れることで、肌がうるおってツルツルに……。くすみや疲れが取れる特典付き! 高い抗酸化作用を持つ水素水を続けることで、体の乾燥を感じないほどに。冬は水素水で内側からうるおわせましょう。水素入浴剤も人気を呼んでいます。

入浴剤を活用する

保湿成分入りの入浴剤を活用することで、お風呂あがりの水分の蒸発を防いでくれます。毎日続けるのはコスパが痛いという方は、自宅にある食材の牛乳200cc・ゆず適量・はちみつ大さじ2・赤ワイン100ccなどで代用しても◎。お風呂からあがるさいは軽く全身を洗い流しましょう。

天然素材の下着を着用

綿やシルクなど天然素材の下着を着用するようにしましょう。肌にやさしいのはもちろん、肌を保湿し、体を冷やさない効果があります。特にシルクのたんぱく質は人間の皮膚組織に近い成分なので肌にやさしく、デトックス効果も高いと言われています。逆にポリエステルなどの化学繊維は摩擦が起こりやすく、肌荒れやアレルギーの原因に。美しいボディをキープするためにもアラサーになったら素材にも気を配りたいところですね。

まとめ

いかがでしたか? 冬の体の乾燥により、かゆみ・ひび割れ・皮むけ・肌トラブルが起こりやすい敏感な傾向にあります。冬は「洗わない」で美ボディに、プラスのケアで乾燥対策をし、うるおい全身美肌に整えましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/