美肌女子は絶対やらない……お肌にわるーいNG習慣とは??

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2015.10.30.Fri

よく肌のキレイな芸能人が「肌キレイですね、どんなケアをされているんですか?」ときかれて「特別なことはなにもしていません!」と答えています。それを見て私たちは「なにもしていないわけないじゃん!」と思うわけなんですが……。
でも彼女たちは「当たりまえのケア」をしているだけで、特別なことをしているつもりはないんです。だからそういう答え方になるんですよね。さてさて、彼女たちはどんな方法で美肌を保っているのでしょうか?

つい怠けていない? それ、悪肌習慣よ!

1: クレンジングが雑

毎日クレンジングしているもん、大丈夫~なんて考えは甘いかも! 雑なクレンジングはお肌にけっこうな負担をかけます。たしかに落とさないよりは全然マシですが、雑なクレンジングは確実に肌を痛めてしまいます。クレンジングオイルの量を増やすだけでお肌の負担は減りますよ。

2: むくむからという理由でじゅうぶんな量の水を飲まない

水分補給はとっても大事! 体内や肌内部の水分は水を飲まないかぎり増えないんですね。水を飲まないと肌の細胞がたちまち水不足に悩まされることに……! また水を飲むことで腸内デトックス効果も期待できます。老廃物が流れやすくなることにより肌トラブルが改善されます。水を飲むことの大切さがわかりますね!

3: 肌をゴシゴシこする

少量のクレンジングでゴシゴシ・洗顔フォームをよく泡立てずにゴシゴシ・洗顔後にタオルでゴシゴシ・化粧水や乳液をゴシゴシ……。
これらはすべてアウト! 摩擦は美肌の敵です。洗顔フォームは泡立てネットでちゃんと泡立ててから、化粧水はコットンを使うなど摩擦を減らす工夫をしましょう。

4: ストレスをためっぱなしで放置

ストレスをためっぱなしにしておくと、体が凝り固まって血流が悪くなります。血流が悪くなれば当然お肌のコンディションにも影響を与えます。ゆっくりお風呂に入る、ヘッドマッサージをするなど血流を促進させることを生活にとりいれましょう。リラックスできることなら気持ちもスッキリして一石二鳥!

いかがでしたか? 意外にも「そんな簡単なことでいいの!?」というレベルのものばかりだと思いませんでしたか? どれも単純で簡単なことですが、習慣にするとなると難しいんですよね。でも美肌を手に入れるため! とりあえず、今日できるものからはじめていきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子