ガサガサしてない? 頑固な乾燥肌がしっとり。潤いモテ肌に変身する3つの方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2015.04.28.Tue

「お肌がガサついてメイクのノリが悪い」。冬、春先だけではなく1年中、お肌の乾燥に
悩まされている方も少なくないはずです。ひどい乾燥を和らげるには、どうしたらいいの?
今回は、乾燥が気になるときに、是非試して頂きたい潤いケア3選をご紹介します。

潤い美肌をつくる3つの方法

1.保湿化粧品をいつもの倍量使う

エアコンによるお肌の乾燥、体調などによって「どうしてもお肌が潤わない!」というときは、普段使用している化粧品の量を増やしてみましょう。化粧水・美容液・乳液・クリームをたっぷりと。スキンケアの後、ベタつきが気になればティッシュを軽くお肌に当てて、油分をオフ。最初は化粧水だけを多めに使用して、様子を見てみるのがオススメです。

2.刺激の少ないクレンジングや化粧品に変える

お肌が乾燥していると、外的ダメージからお肌を守る「バリア機能」が低下して、洗顔やクレンジングの際に内部の潤い成分が流出しやすい状態に。そのうえ、油分のメイクを落とすためのクレンジング料には、刺激が強い成分が入っているため皮脂をとりすぎてしまうことがあるのです。メイクを落としたあと、体を洗ったあと、すぐに乾燥したりつっぱってしまう場合には、やさしい成分のケア用品に変えてみましょう。クリームタイプ、ミルクタイプのクレンジングや洗顔料、ボディソープは、ほどよく潤い感が残るのでオススメです。

3.潤いを補う食事をする

きちんとスキンケアをしていても、乾燥が改善されない場合は、お肌に潤いを与える成分が含まれている食材を食べて、全身をしっとりさせましょう。最後に、お肌の潤いを強化する食事のコツをご紹介します!

潤いチャージに効率的な食べ方は?

魚介類を積極的に食べる

魚介類には、オメガ3(DHA・EPA)など、良質な「必須脂肪酸」が豊富に含まれています。必須脂肪酸はお肌の潤い成分セラミドの材料になる美容成分です。

たんぱく質はビタミンCと一緒にとる

魚、お肉、豆腐などのたんぱく質は、ビタミンCと一緒に食べると吸収率がアップします。ほとんどの緑黄色野菜にはビタミンCが含まれているので、キャベツやパプリカなどと一緒に食べると効果的です。

食事の最初にアボカドを食べる

潤い食材の代表格アボカド。どうせなら効率的に食べましょう! 食事の一番最初にアボカドを食べると、野菜に含まれる美容成分「カロテン」の吸収率が高くなり、お肌にハリをもたらすビタミンAに返還されやすくなるのだそう! アメリカ・オハイオ大学の研究により「アボカドファースト」が推奨されています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net