健やかな頭皮と美髪のために習慣にしたいヘアブラッシング

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠藤幸子

Written by:

2015.03.22.Sun

美しく艶やかな髪に憧れる人は多いと思いますが、そのためのケアというとシャンプーなどのヘアケア剤の選定にこだわる人が多いのではないでしょうか。しかし、それだけでは不十分!
そこで、今回は健やかな頭皮と美髪を育むためのブラッシングについてご紹介します。

ブラッッシングで得られる効果

ブラッシングで得られる効果にはどのようなものがあるのでしょうか。ご紹介します。

・頭皮の血行がよくなるため、抜け毛や白髪にも効果が期待できる。
・頭皮が引き締まることによってリフトアップ効果も!
・髪が艶やかになる。
・髪にまとまりが出る。
・シャンプー前に行うと髪と頭皮の軽い汚れを落とすことができる。

正しいブラッシングの方法

1.髪の水気はできるだけ取り除いておくこと。ただし、静電気が心配な場合は、ヘアオイルやアウトバス用トリートメントを少量なじませておく。

2.ブラッシングの前にまず手ぐしで髪のからまりなどをほどく。

3.頭皮と毛先の中央部分あたりから毛先に向かってゆっくりとブラシを滑らせ、外側、内側の両方からブラッシングする。

4.頭に沿うように頭皮部分をゆっくりとブラッシングする。

5.首のつけねから毛先に向かってゆっくりとブラッシングする。

6.髪全体にゆっくりと丁寧にブラッシング。この時、ブラシは上から下へ動かす。

ブラッシングするタイミング

筆者のおすすめは朝と夜。朝はスタイリング前に、夜はシャンプー前に行うのが効果的です。

ブラシの選び方

ヘアブラシは用途別に所持しておくのがおすすめ! ぜひブラッシング用の1本を用意しておきましょう。
おすすめはやはり猪や豚などの天然毛のもので、髪のツヤを出すには最適だと言われています。
この他、頭皮のマッサージやシャンプー前のブラッシングに最適だと言われているのがクッションブラシ。ドーム型のクッションがついているものです。ただし、クッションブラシを選ぶ際はナイロン製のものは避けるのがベター。静電気が発生しやすく、髪や頭皮を傷める恐れがあるからです。
以上のことを参考にしていただき、ご自分の用途に合ったベストな1本をぜひ探してみてください。

ブラシは常に清潔に! ブラシのお手入れ方法

ブラシには頭皮や髪の脂のほか、ほこりなどが付着しています。このままの状態でブラッシングすることは、頭皮と髪の健康のためによくありません。必ずブラシはお手入れし、清潔な状態で使用することが大切です。そこで、ブラシのお手入れ方法についてご紹介します。

ブラシのお手入れ方法

1.事前に小回りのきく小さなブラシなどでほこりなどを大まかに落とす。
2.泡立てたシャンプーでブラシを洗います。この時、ゴシゴシ擦らず毛流れを考慮して優しく洗う。
3.ぬるま湯をはった洗面器の中でブラシを軽く振るようにして汚れを洗い流す。この時、泡や汚れはよくすすいで落とす。
4.水気をタオルでふき取ったら、乾いたタオルの上に毛を下にしてブラシを置き自然乾燥させる。

お手入れする上での注意点

1.お手入れする上で最も注意したいのがシャンプー選び。天然毛のブラシのお手入れの際には合成界面活性剤など刺激になるような成分が含まれていない低刺激のシャンプーを使用することをおすすめします。

2.お手入れの頻度ですが、頻繁に水洗いすると天然毛の場合品質が劣化する恐れがあります。普段は水を使わず小さなブラシなどで大まかに汚れを取り除く程度にし、水洗いは多くても2週間に1度程度に留めることをおすすめします。

ぜひ今日から毎日の習慣にして、健やかな頭皮と艶やかな髪を手に入れてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠藤幸子

アンチエイジングアドバイザー、エイジレスビューティ—研究家、美容ライター、
@cosme公認ビューティスト。二児の母。
いつまでもキレイでいたいと願う女性に向けて、手軽に楽しくできるアンチエイジング法
を中心に月刊誌、ブログ、webサイト等で日々情報を発信中。
公式ブログ「★エイジレスビューティ—研究家の美肌ダイアリー★」
(http://sachirara.cocolog-nifty.com/blog/)