乾燥シーズンはシャンプー嫌いな女性が急増!? 美髪をキープする「湯シャン」を取り入れよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2015.02.28.Sat

この寒さと乾燥シーズン、髪はパサつくし頭皮はかゆみやフケ、そして抜け毛……さらにこの時期に自分に合ったシャンプーが見つからない! といった理由でシャンプー嫌いな女性が増えているというのです。髪は洗わないわけにはいかないし、どうすればいいの? そんな悩みを本日は徹底解決していきます。

美髪に近づくにはまずはシャンプー剤を使わない!?

よく朝晩の2回シャンプーをする方がいらっしゃいますが、それでは頭皮が乾燥したり余計に皮脂が出てべたついたりと逆効果。また、たっぷりシャンプーの量を使って洗うのも洗い残しや成分のつまりにより髪や頭皮に悪影響が。髪質も改善されずこれではシャンプー嫌いが悪化する一方です。
今回ご紹介するのは週に1~2回を目安に取り入れてほしい「湯シャン」。シャンプー剤を使わずにお湯だけでシャンプーするといった方法ですが、慣れない方はまずシャンプーの量から減らしてみましょう。湯シャンだけでも実は汚れや油分は十分に洗浄できます。洗いすぎる、シャンプーの量が多い、ゴシゴシ洗うから余計に皮脂が出てしまうのです。湯シャンを続けることで髪や頭皮にハリ・コシが出てきますよ。

お湯だけで洗髪「湯シャン」を取り入れよう

1…洗う前にブラッシング

髪の流れを整えるためにブラッシングは必須。このひと手間があれば、ぬるま湯のみでも余分な皮脂や汚れをしっかりと洗い流せるのです。

2…34℃以下で湯だけシャン

熱いお湯は、過激に皮脂を根こそぎ洗い流してしまうだけでなく、髪や頭皮の乾燥も招きます。ここでは34℃という温度がポイント。酸化した脂を落とすのには34℃の状態がベストなのです。

3…洗いながらブラッシング

シャンプー剤が付いていないただの濡れた髪はどうしても絡まりやすくなります。洗い流し中にも目の粗いブラシでとかしながら流すのがコツです。洗う前に行ったブラッシングで浮かせた余分な皮脂や汚れもキレイに。

4…タオルを2枚使ってしっかりドライ

ドライヤーを使う時間をなるべく短縮するためにも、タオルドライは念入りに行いましょう。髪がセミロング~ロングの方や量が多い方は2枚使いがおすすめ。丁寧に押し拭きを。しっかりとドライすることで次のステップのドライヤーで乾きが早くなり、髪や頭皮の負担も半減されます。

5…短時間で乾かす

急激な温度変化は髪にも頭皮にも負担がかかります。ポイントはタオルでしっかりドライした後に、髪を持ち上げながら少量ずつ乾かすことで乾きが早くなります。髪と頭皮に負担をかけないためにも短時間で乾かすことを一番に心掛けて。

まとめ

湯シャンはシャンプー剤を一切使わないのでコスパ◎な上に、髪や頭皮の健康にも◎。髪の量が増えた、ハリやコシが出てきた……などの効果が実感できる髪のアンチエイジングにピッタリな美容法! さっそく週1~2回、湯シャンを取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/