やっぱり大豆の力はすごかった! 大豆が女性にもたらす嬉しい美容力とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2015.02.05.Thu

最近、日本人の和食離れが進むと同時に「豆離れ」も進んでいます。女性の身体にとって欠かせない大豆は美容成分の宝庫です。そして、手軽でおいしい、さらにヘルシーと言った美を追求する女性にこそ毎日の食卓に並べて欲しい美容食=大豆なのです。
本日はそんな大豆の魅力やその効果、そしておすすめレシピについてお伝えしていきます。

大豆のメリットを改めて知ろう!

大豆の大きな特徴は、健康に欠かせない5大栄養素「たんぱく質・炭水化物・脂質・ミネラル・ビタミン」がバランスよく含まれているということ、そして女性の美に欠かせない「体内で女性ホルモンと似た働きをするイソフラボン」「良質な大豆たんぱく質」「ダイエットや腸の健康維持に欠かせない大豆オリゴ糖・食物繊維」「血液をサラサラにするレシチン」「糖質の代謝を助けるビタミンB1」「抗酸化作用を持ち美肌に不可欠なビタミンE・サポニン」が含まれ、大豆は美容とアンチエイジングに欠かせないのです。まさに女性に嬉しい栄養素の宝庫ですよね。

大豆を食卓に並べよう!

忙しい現代人は自炊することも少なくなっているのでは? しかし大豆は調理入らずの食材が多いところも魅力です。例えば納豆や豆腐、豆乳などは買ってそのまま飲食できますし、大豆の缶詰めをキッチンに常備しておけば長期保管も可能、いろいろなメニューとの相性も良くレシピの幅も広がります。

大豆を使ったおすすめレシピ

大豆または豆腐ハンバーグ

大豆缶、もしくは木綿豆腐の水気をよくきって、ひき肉とパン粉の代わりに混ぜるだけの簡単アレンジレシピ。大豆は水気をきったあと、みじん切りするのがポイント。
ちなみに写真では木綿豆腐を使用。また、写真右上の「がんもどき」は豆腐だけでなくひじきも入っているため一品で大豆の栄養を十分に堪能できますし、右下のお味噌汁に豆腐を加えればこれまた大豆レシピが1品仕上がります。

大豆とひじきの和え物

定番で食卓の副菜として追加するだけで一気に栄養価が高いメニューに変身。筆者は人参等を追加し、煮物と同じように砂糖・醤油・酒・みりんで味付けをして大人から子どもまで楽しめる味にしています。また、作り置きや冷凍保存もできるため、まとめて作って冷凍したり、帰りが遅い家族がいてもラップをしておけば冷めてもおいしく食べられる万能和え物です。

豆乳ココア

朝ご飯に食卓に出すと大人から子どもまで大喜び! 豆乳を温めてココア粉と混ぜるだけで甘くておいしく栄養を補えます。忙しい朝や寝つけない寒い夜に大豆を簡単にチャージするおすすめレシピです。画像ではアンチエイジングに効果的な黒ゴマを上からトッピングしています。

まとめ

大豆は継続して摂ることでより効果を発揮しやすくなります。毎食何かしらの大豆食品を摂るのが理想的! 忙しい方は手軽に摂れる納豆や豆腐、最近では大豆を使ったクッキーやスナックなどのヘルシー栄養食でチャージを。毎日食卓に「大豆」を並べて女子力アップ・アンチエイジングを目指していきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/