上手に食べればダイエット効果も! 美容のために知っておきたい「チョコレートの食べ方」とは!?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2015.02.08.Sun

ダイエットの天敵と思われているチョコレート。豊富なポリフェノールが「おなかいっぱい」と感じる満腹虫枢を満たして空腹感を抑え、脂肪燃焼をサポート。ダイエット中に食べても良いとされているのです。とはいえ「じゃあ、チョコを食べよう!」とガッツリ大量に食べればいいというわけではありません。あくまでも正しい選び方・食べ方があってこそ。では、一体どんなチョコレートを選んで食べれば美肌効果・ダイエット効果が得られるのでしょうか?

美肌をつくるチョコレートの選び方をチェック★

チョコレート自体はカロリーも高いですし、糖分、脂質も含まれているので食べ過ぎには注意。お肌の脂質バランスが崩れてニキビにつながることもあるので、正しいチョコ選びを学んでおきましょう!

カカオ分が高いビターチョコレート

美肌効果をアップさせるためには、ミルクチョコよりもほろ苦いビターチョコやダークチョコレートを選ぶと◎。
カカオ分が高いものほど、太りにくく美肌効果も高いとされています。カカオ分が高いと苦くて美味しくない……と思うならカカオ分70%ほどのものなら甘さもあり食べやすいです。

美肌のための正しいチョコレートの食べ方とは!?

チョコを食べるベストタイミングは?

仕事や勉強中、集中力や記憶力を高めたいときに食べると良いといわれています。ここぞ! という時から逆算して1時間ほど前に板チョコの4分の1~2分の1ほどを目安にと推奨されています。またこれから活動を始めるぞ~という朝や昼に食べるのもオススメ。
脳に糖分が補給されて活動的に。血流アップ効果が期待できます。

空腹時に食べて満足感アップ

チョコレートは糖分、脂質が高いので「おなかすいた~」という時に少しだけ食べると、空腹感がすぐにやわらいで、暴食が防げます。デスクにチョコを常備しておけば安心?

少量をちょこっとずつ、食べるように

チョコレートの健康成分が血中に残るのは約2時間ほど。それに合わせて1日数回に分けて少量ずつ食べるのも効果的です。一気にパクパクと食べないように注意しましょう!

3時のおやつ食べると太らない!

午後3時前後は1日の中で最も、体に脂肪が溜まりにくい時間帯。ダイエットもしたいし……という方は3時~4時頃に食べると◎。

ダイエットや美容の敵と思われていたチョコレート。選び方と食べ方に注意すれば、美肌ケアにも役立ちます! 上手に食べながらおいしくキレイに♪ 大好きなチョコレートを食べて美しくなれるなんてうれしすぎませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net