ウルッ! ツヤッ! スベッがポイント! 思わず二度見されるようなベースメイクの作り方

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠藤幸子

Written by:

2015.02.21.Sat

乾燥の気になる季節、肌がかさついて綺麗にファンデがつかない、崩れやすいなどベースメイクにまつわる悩みを抱えている人も多いのでは? そこで、今回は乾燥に負けない、潤ってツヤがあり、スベスベしているように見えるベースメイクの作り方についてご紹介したいと思います。

メイクの前にスキンケアで徹底保湿!

メイクする前にやはりスキンケアの段階で徹底的に保湿し、肌を整えておくことが重要です。肌を保湿するには水分を与えるだけでなく、油分もしっかりと補うことが大切。いつものスキンケアにオイルをプラスするだけで保湿力がアップし、肌が安定する効果が期待できます。オイルはブースターとしてスキンケアの最初に使用したり、クリームに少量混ぜて使うなどさまざまな方法で使用することができます。乾燥の気になる季節には液状のオイルを1本常備しておくと便利ですよ。
また、スキンケアの最後に使うクリームをバーム(固形状のオイル)に切り替えるのも効果的です。キャリアオイルに自分の肌悩みに合ったエッセンシャルオイルを混ぜてオリジナルのオイルをつくるのもいいでしょう。
ただし、いずれの場合もオイルを塗った後の肌は軽くティッシュオフし、化粧崩れを防止するのがポイントです。
この他、スキンケアでは保水力を高めてくれるような成分を取り入れることも大切です。セラミド、プロテオグリカンなどが配合されたコスメを積極的に投入することで乾燥緩和が期待できると言われています。

乾燥の気になる季節はリキッドやクリームタイプのファンデをカスタマイズ

乾燥の気になる季節はファンデもこっくりめのものにシフトするのがおすすめ。カスタマイズしやすいリキッドやクリームタイプのファンデを筆者は好んで愛用しています。そして、肌の状態に応じてカスタマイズの方法を変えて使用しているのです。今回はその方法をご紹介しましょう。

1.水分も油分も足りず肌がしぼんでいる! そんなときは…

しわやたるみなどがいつもより気になり、肌がしぼんでいるように感じる時はファンデにオイルを混ぜて使用するのがおすすめ。肌にツヤと潤いが蘇り、ファンデのノリもアップします。ただし、ファンデに混ぜるオイルは比較的サラッとしたテクスチャーのものを使用し、使用量は少量ずつ加減していくことが大切です。

2.油分過多でも潤いが足りない! そんなときは…

油分過多でテカリが気になるのに乾燥しているという時には、ファンデに保湿効果のある成分(セラミド、プロテオグリカン、ヒアルロン酸など)が配合された美容液を混ぜるのがおすすめ。スキンケア効果も期待できるのでいつもより美肌に見られる可能性大です。ファンデと美容液の比率は少量ずつ混ぜ合わせながらご自分の好みに調整してください。

3.油分はOKなのにとにかく乾く! そんなときは…

油分は充分なのに乾燥するという時にはファンデに乳液を混ぜるのがおすすめ。肌に透明感と潤い、ツヤが出るので筆者自身よく実践しているカスタマイズ法です。ファンデと乳液を混ぜる割合ですが、透明感を特に出したい場合は半々に、カバー力を少し重視したい場合は、ファンデ:乳液=3:1くらいがおすすめです。

肌の状態や好みに応じてファンデをカスタマイズし、冬でも思わず二度見されるような、潤ってツヤのあるすべすべした状態の理想的な肌を手に入れましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠藤幸子

アンチエイジングアドバイザー、エイジレスビューティ—研究家、美容ライター、
@cosme公認ビューティスト。二児の母。
いつまでもキレイでいたいと願う女性に向けて、手軽に楽しくできるアンチエイジング法
を中心に月刊誌、ブログ、webサイト等で日々情報を発信中。
公式ブログ「★エイジレスビューティ—研究家の美肌ダイアリー★」
(http://sachirara.cocolog-nifty.com/blog/)