冬はしっかり寝て美しく! 眠るだけでどんどんキレイになれる「おやすみ前の習慣」

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2014.12.06.Sat

しっかり寝ているつもりでも、朝起きたら疲れがとれてない……。それは、睡眠の質が落ちているせいかも。睡眠はどんな高価なケアよりも美肌に効く! という言葉の通り、良質な睡眠は美しさを保つ大切なもの。部屋の環境を整えたり、睡眠を妨げる習慣を見直してぐっすり快眠を促しましょう。

最低でも6時間寝なくちゃいけないのは、なぜ?

よく「最低でも6時間は寝ること!」といわれますが、なぜ? 眠りはじめて、3時間のうちに全身を修復する「成長ホルモン」の分泌が盛んに。この成長ホルモンの働きによって、肌内部で細胞分裂が起こりダメージが修復されます。

他にも、成長ホルモンの効果

・肌荒れ改善
・アンチエイジング効果
・風邪をひきにくくする
・イライラしなくなる
・太りにくい体質になる
・やる気が高まる
・ストレスに強くなる

成長ホルモンがきちんと分泌されて、全身を修復するまでに、最低でも「6時間」は必要です。就寝時間が6時間をきると、誰でも不調があらわれる可能性が。

寝るだけじゃダメ? 美肌に効く良質な睡眠が不可欠!

6時間以上寝ていても、翌朝疲れが残ったり、お肌の調子が悪い場合は「睡眠の質」にも注目。まずは、睡眠前の大切な習慣から見直しを!

光を避けて、快眠を誘うホルモンを意識

「眠たいな~」と感じる睡眠を誘うホルモン・メラトニン。本来、就寝前には、このメラトニンがきちんと分泌されるものですが、最近は寝る直前まで部屋の明かりをつけてPC作業やスマホを見る習慣が増えていますよね。
強い光をあびると分泌が抑えられ、睡眠障害の原因に。就寝1時間前までには、パソコン類の使用は控えて、お部屋の電気も薄暗く。光を避けることが快眠のコツです。逆に、朝は強い日光を浴びると体内時計がリセットされて目覚まし効果が。

ハーブティーで快眠力アップ!

冬になると「足が冷えて寝付けない」など気温の低下による睡眠不足も気になります。そんな時は、寝る前のホットドリンク習慣がオススメです♪
就寝前はノンカフェインの温かいハーブティー。不眠に効くといわれるカモミールティーを。豆乳を入れたものを飲めば、睡眠時の女性ホルモン分泌もサポートする効果が期待できます。就寝30分前~1時間前に飲むと心地よく眠れますよ。

ホルモン分泌量アップ! 睡眠の質を高める3つのコツ

他にも、睡眠の質を高めて成長ホルモンを促す習慣をチェック♪

1.ぬるま湯に浸かる

38度~40度のお湯に10分~20分ほど浸かると、入浴後に体の熱が放出されて「眠たい」と感じて快眠を促してくれます。入浴後は1時間以内にベッドに入るようにしましょう。

2.首もとを温めて血流をアップ

寒くて眠れない……。そんな時は、短時間で温かいと感じやすい首もとを温めましょう。就寝30分ほど前からネックウォーマーなどで首を温めると快眠しやすくなります。首・肩こりの解消にも役立ちますよ。

3.眠りに最適な環境を整える

室温は25度、湿度は50度以上がベスト。エアコンをかけっぱなしにしているとお肌が乾燥してしまうので、タイマーを活用して快適な環境づくりを。加湿器が用意できない場合は、枕元にコップ一杯のお水を置いたり、ぬれた洗濯物を部屋干しするのも効果的です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net