アロマが心と美容にいいワケとは? 精油を取り入れるだけで美しさがアップする!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2014.12.30.Tue

数々の美容法が出回るなか、注目したい一つがアロマ。香りが良く、美容女子の中でも人気アイテムとなっていますよね。香りで癒されたりリラックスできるイメージのアロマテラピーですが、そもそもアロマテラピーって何だかご存知ですか? 根本の意味から効果、使い方までおさらいしてみましょう。

アロマテラピーって?

フランス語でアロマは「香り」、セラピーは「療法」と言い、アロマテラピーに使われる香りは主に植物から抽出される精油。精油には植物の香り成分が凝縮されており、この香りの成分を体に取り入れることで、美容と健康、ストレス解消など心のケアに役立ちます。
精油の種類やその使い方によっても効果はさまざまで、自分の悩みに合った香りを上手に取り入れることで体の内側からキレイを目指すことができるのです。

精油が心と体に効くわけとは?

アロマは美容と健康に良いとお話ししましたが、香りは目に見えないし一体本当に効果があるの? と疑問に思う方もいるでしょう。アロマが心と体に与えている効果は何なのか? それは3つのルートに秘密がありました。

1…鼻から脳へ

香りを嗅ぐと、嗅覚から脳へどんな香りなのかを伝達して判断します。その香りの成分が自律神経・免疫機能・ホルモン分泌調整・欲求などを司る視床下部に伝わり心身のバランスを調整してくれます。

2…鼻から肺へ

呼吸によって取り入れた酸素が肺から毛細血管へ運ばれるのと同じように、香り成分も肺から毛細血管、そして全身へ運ばれ、体の内側から免疫を上げたり、菌を殺したりと健康に役立つ効果がいっぱい。

3…皮膚から血液へ

精油の分子構造は小さいので、マッサージなどで皮膚に塗布したアロマの香り成分は、皮膚の奥の毛細血管の層へと吸収されます。さらにマッサージすることで血行が促進されるためより効果的に全身に運ぶことができます。

体の悩み別に香りをセレクト

アロマの種類はピンからキリまで何十種類もあるうえ、効果もそれぞれ違います。アロマは周りに人気の香りが果たして自分も心地よいと感じるとは限らないので、アロマショップに足を運び、実際にこれだ! という香りを選ぶのも良し、改善したい悩みに効果的な精油を選ぶのも良し!
おすすめは王道のローズマリー(自律神経・ホルモンバランスを調整)、ラベンダー(気持ちを落ち着かせる、ストレス緩和・リラックス効果)、オレンジ(気持ちを明るく元気に・前向きにさせる)の3つ。
楽しみ方は精油をオイルと混ぜてマッサージオイルとして使ったり、ディフューザーに入れたり、アロマバスにしたり、マスクやハンカチに1滴垂らして常に香りと共にしたりといろいろ。
自分の好きな香りと自分が楽しめる方法でアロマテラピーを取り入れて体の内側からキレイを目指していきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/