あれ? いつもよりキレイ! と思わせる横顔美人の作り方

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠藤幸子

Written by:

2014.10.07.Tue

日常生活において1日に何度か鏡を見る機会があるかと思いますが、真正面からの顔をチェックしている場合が多く、横顔までチェックされている方は意外に少ないのではないでしょうか。
しかし、人に見られているのは正面からの姿でない場合が多く、特に横顔というのは自分では無防備であるもののよく人目に触れる箇所です。
そこで、メイクする時には横顔の仕上がりを入念にチェックする必要があります。
今回は、人の視線を釘付けにする、いつもより断然キレイに見える横顔美人の作り方をご紹介します。

横顔美人になるために必要なアイテムとは?

平坦な横顔はあまり美しくありません。その反面、光と影を味方につけ、メイクで立体感を出した横顔は照明や自然光の下で非常に美しく、印象的に見えます。
光と影を使ったメイクに必要なアイテムは、ハイライト、シェーディング、そしてチークです。

横顔美人になるためのアイテムの選び方

横顔美人になるためにハイライト、シェーディング、チークが必要だということはお話ししましたが、具体的にどのようなアイテムを選ぶべきかお話ししていきましょう。

ハイライト

色は、少し黄味がかった白がベスト。粒子の細かいパール入りのものを選ぶと光の加減できらめき、ツヤ感がアップするのでおすすめです。

シェーディング

赤みより黄味の少し強いブラウンがベスト。パールやラメの入っていないマットなものを使用すると仕上がりが自然になります。

チーク

チークはパールやラメが入っていないものを選ぶのがおすすめ。パールやラメが入っていると毛穴やシワなど肌のアラが目立ってしまうためNG。マットな質感のものを選ぶとよいでしょう。
また、色味ですが肌色とかけ離れていないトーンのもので明るめのピーチかピンクがおすすめです。必ず肌にのせ、肌なじみのいいものを使用するようにしましょう。

横顔美人の作り方

1.ハイライトを細めの平らなブラシにとり、手の甲で軽く払ってから黒目の中央あたりの目の下からこめかみに向かって弧を描くように入れます

2.チークを平らなブラシにとって手の甲で軽く払い、ニコッと笑った時の頬のトップより少し高めの位置にふんわりと入れます。そこから顔のサイドに少し広げるように入れます

3.シェーディングは丸いブラシに軽くとり、手の甲で払ってから耳たぶのあたりから顎に向かって入れます。この時、耳たぶのあたりから徐々に細く入れ、フェイスラインの裏側にも軽く入れます

このようにハイライト、チーク、シェーディングをしっかり入れると、顔に立体感が生まれます。
また、ハイライトがレフ版のような役割を果たし、肌を明るく艶やかに見せてくれるのでいつもより肌がキレイに見えるはず。
そして、チークとシェーディングのグラデーションをうまく作ることで引き締まった印象を与え、小顔効果も得ることができます。
以上のことを参考にしていただき、人目を引く横顔美人を目指していただきたいと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠藤幸子

アンチエイジングアドバイザー、エイジレスビューティ—研究家、美容ライター、
@cosme公認ビューティスト。二児の母。
いつまでもキレイでいたいと願う女性に向けて、手軽に楽しくできるアンチエイジング法
を中心に月刊誌、ブログ、webサイト等で日々情報を発信中。
公式ブログ「★エイジレスビューティ—研究家の美肌ダイアリー★」
(http://sachirara.cocolog-nifty.com/blog/)