ニキビ・吹き出物をますます悪化させる食べ物5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2014.10.21.Tue

思春期から大人になるまで私たちを悩ませる、乙女の最大の敵「ニキビ・吹き出物」。寝不足やストレスなど生活習慣の乱れから、肌に合わない化粧品までニキビの原因にはさまざまなものがありますが、何を変えても良くならない……というのならそろそろ食生活を見直してみる時期かも!? そこで今回はにっくきニキビ・吹き出物を悪化させてしまう食べ物をご紹介します。

大豆

“美容や健康にいい食べ物”として取り上げられがちな大豆ですが、吹き出物が口の周りやあごのラインに集中しているのなら、一度見直してみるべきかも。豆腐や豆乳といった大豆製品を食べることによって摂取した「フィトエストロゲン(植物性エストロゲン)」は、体内で女性ホルモン「エストロゲン」のように働き、本来あるホルモンの働きに混乱を起こしてしまうんだとか。豆腐などはダイエットの強い見方になってくれますが、吹き出物に悩んでいる時には摂りすぎに注意したい食品です。

砂糖

ニキビや吹き出物を減らすためには、なるべく身体の中から“炎症”を減らす必要があります。炎症を誘発する作用のある砂糖は、吹き出物を引き起こす一大要因! 肌荒れだけではありません。身体の中が炎症を起こしている状態にあるということは、シミやシワなど細胞の“老化”を早めてしまう結果に。お菓子だけでなく料理にもたっぷり使われているお砂糖をきっぱり断ち切ってしまうことは難しいですが、はちみつやメープルシロップで甘みを加えたり、砂糖が入ったジュースを飲まないなど気をつけられるところから始めてみて。

パン

朝食やランチはパン派! というあなたは要注意! 小麦は砂糖と同じく、身体の中に炎症を起こさせる原因に。あまーく味付けされた菓子パンや、お昼ご飯の代わりに食べる総菜パンには、小麦だけでなく先ほど紹介した砂糖や大豆油がたっぷり含まれています。またパンに含まれる牛乳や乳製品は、吹き出物を作らせるホルモンの分泌を急上昇させてしまうんだとか。パン派のあなたも、さっそく今日から腹持ちのいいお米を主食に選びましょう。

コーヒー

肌荒れが気になるのなら、ランチの後のエネジーブースターも賢く選んで! コーヒーには、“コルチゾール”のレベルを上昇させる物質が含まれています。 “ストレスホルモン”とも呼ばれるコルチゾールは、皮脂の分泌を活発にし、炎症を起こしやすくさせる原因に。カフェインが悪さをしているわけではないので、カフェインレスのものを選んでも効果は変わりません。ニキビが気になるのなら、コーヒーより紅茶や緑茶を選んで。

ピーナッツ

「ピーナッツを食べるとニキビができる」というのはただの都市伝説ではないようです。ピーナッツには皮脂の生成を多くすることでニキビを悪化させてしまう“アンドロゲン”と呼ばれる物質が含まれています。つまり、ピーナッツを食べることで肌はもっとオイリーに。同じナッツでもアーモンドやカシューナッツはOK。お酒のおつまみにナッツを選ぶのならピーナッツ以外を選びましょう。

しつこい肌荒れに悩んでいるのなら、一度自分に合わない食品を調べてみるのもいいかもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。