ナチュラルメイクはしっかりメイク! 下地には手間をかけて

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.10.22.Wed

すっぴんじゃないけど、自然なメイク。そんなメイクに憧れる人や、実際頑張って勉強している人も多いんじゃないでしょうか? ナチュラルにキメられるメイクって、元が良いからとか、眉毛とマスカラだけでOKとか、そんな感じに受けている人も実は多いみたいですね。

ナチュラルさとは?

ナチュラルメイクは、肌を美しく見せる事が大事でもあります。そのためベースメイクをしっかりと行い、なおかつ目元や口元にも、しっかりとナチュラル感を出してあげなければなりませんね。ただ塗るだけ、付けるだけ、のようなメイクはナチュラルメイクではなく、ただのずぼらメイクになってしまいますよ。

ベースメイクがとっても重要

一番重要なポイントはベースメイクです。ベースメイクは下地から始まりますが、下地といっても、下地クリームやUVクリームの前のスキンケアから始まっていますよ。そのため、日ごろのスキンケアは非常に重要になってきます。できればファンデーションを塗る前は、肌の凹凸をなくし、すべすべな肌に整えたいですよね。たとえ肌の調子が悪くても、凹凸を和らげるベースメイクをしっかりと行えば、ファンデーションのノリも仕上がりも変わってきます。そのため、ファンデーションよりも、より良い化粧下地を選ぶのはとても重要なこと。直接肌にのせる物なので、なるべく肌に合ったものを使いましょう。

ベースメイクが行ってくれること

ナチュラルな肌に見せるためにも、化粧下地はあまりつけすぎてはいけません。薄く伸びの良い物を使い、厚ぼったくならないようにしておきます。化粧下地は、ファンデーションの吸着を良くしてくれるので、メイク崩れがしにくくなります。さらにファンデーションと肌との間に層を作ってくれるので、肌を外敵から守ってくれる作用もあるんですね。乾燥を防いでくれるので、常に保湿が必要な肌質によっては、とっても重要な事がわかります。そしてなんといっても、メイクのノリが良くなることで化粧崩れが起こりにくくなります。ここで、化粧下地をしっかり塗っておかない、皮脂でよれたりしてしまいます。

顔色にも左右する

肌がキレイに見えるためのベースメイクですが、肌のくすみもカバーできるので、よりナチュラル感を引き出せます。ぽつぽつと目立ちやすい毛穴も隠れてくれますが、それ以上に肌を明るく見せ、陶器のような素肌を演出することができます。シミの目立つところなどは、コンシーラーなどを少量使って、あまりべたべた塗らないように。
なるべくベースメイクを行う際は、顔表面を均一にすると、眉やまつ毛、口元もより自然なメイクを施せるようになります。肌が美しく見えるナチュラルメイクは、女性からだけでなく、男性や回りの人たちから好感を持たれます。より自然で美しい肌を演出できるよう、しっかりベースメイク術を学んでおきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。