年齢を感じてきたら、まずは抗酸化作用のある食品を! 老けない身体をつくる栄養素をチェック!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2014.10.19.Sun

美容のために意識して食事にとりいれたいもの。どんなものを思い浮かべますか?
ビタミン? 食物繊維? どれも美肌に不可欠なものなのですが、若々しいお肌をキープしたい。エイジングの悩みが増えてきた……。そんな時は「抗酸化作用」のある抗酸化物質を含んだ食品を食べるようにしてください! お肌の老化を予防して若々しい健康な美肌を育む抗酸化物質。どんな食べ物に含まれているのか知っておきましょう!

美容のためには、まず「抗酸化力」を!

美をつくるために欠かせないもの。まずは、「抗酸化作用物質」を含んだ食品です。お肌の大敵のひとつ、老化の元=「活性酸素」は、細胞や組織を傷つけて、シミ、シワなどエイジングサインの原因になります。この「活性酸素」に対抗できるのが「抗酸化力」です。
年齢とともに老化を阻止する抗酸化力は弱くなっていきますが、食べ物から抗酸化力をアップさせて、補うことができるのです!

抗酸化物質は何に含まれているの??

ビタミンA・C・E

抗酸化物質の代表的なものといえば、ビタミン類。中でも、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEの3つは抗酸化作用が特に強く、ビタミンACE(エース)と呼ばれています。

▽ ビタミンA
ビタミンAは、レバーなどに含まれていて、またにんじんの「βカロテン」も体内でビタミンAに変わります。油性なので、油と一緒に食べると吸収率がアップするといわえています。

▽ ビタミンC
美白効果が高く、コラーゲンの生成を助けるビタミンC。抗酸化力もとても高く、アンチエイジング効果もばっちり♪ 果実、緑黄色野菜に多く含まれています。小松菜やブロッコリーにはビタミンAとC両方が含まれています。
果実は糖分も多く体を冷やす作用があるので、野菜からも摂取してバランスの良い食事を心がけましょう!

▽ ビタミンE
アボカド、胚芽、かぼちゃ、玄米などに含まれるビタミンE。同じく油性ビタミンなので、油と一緒に食べるのがオススメです。また植物油や大豆、落花生にも豊富に含まれています。

「ポリフェノール」にも抗酸化作用がたっぷり!?

ビタミンACEの他に、植物性の「ポリフェノール」も抗酸化作用が高い成分として注目されています。代表的なものは、緑茶に含まれる「カテキン」、大豆に含まれる「イソフラボン」。ブルーベリーの「アントシアニン」、そばの「ルチン」、ごまの「リグナン」などがありますが、それも高い抗酸化作用を持ち、細胞を修復してくれる効果があります!

天然の色素「カロテノイド」も高い抗酸化作用が!

天然の色素「カロテノイド」も抗酸化作用が高いので要チェック! にんじん、ほうれん草などに含まれる「βカロテン」、えびや鮭の赤い色素「アスタキサンチン」、トマトの「リコピン」などが有名です。

スキンケアでエイジングケアも大切ですが、酸化を防げるのは食べ物だけ。しっかり摂取して若々しいお肌になれたらいいですね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net