食べないと損! キウイフルーツの美肌効果まとめ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠藤幸子

Written by:

2014.10.11.Sat

美肌効果抜群のフルーツというと連想しがちなのがビタミンCを豊富に含む柑橘系のフルーツたち。しかし、柑橘系フルーツの他にも美肌効果が高いフルーツが多くあります。その中で今回はキウイフルーツに的を絞り、その美肌効果についてご紹介したいと思います。

キウイフルーツの美肌効果とは?

キウイは、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、葉酸、カリウムなどを豊富に含むフルーツ。その美肌効果は下記の通り。

ビタミンC

美白効果や抗酸化作用の他、肌内部のコラーゲンの生成をサポートする効果があると言われています。また、キウイのビタミンC含有量は、温州みかんの約2倍なのだそうです。

ビタミンE

高い抗酸化作用があり、しわやたるみの予防・改善に効果があると言われています。この他、血行促進効果により代謝を促し、シミやそばかすを防止する効果も期待できます。また、ビタミンEはビタミンCと同時に摂取すると効力がアップするとも言われています。この2つを同時に摂取できるキウイは美肌効果抜群のフルーツと言えるでしょう。ちなみに、キウイのビタミンE含有量はグレープフルーツの約4.3倍なのだそうです。

食物繊維

キウイは、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の割合が2対1と他のフルーツと比較してバランスがいいと言われています。そのため、便秘解消効果が期待でき、ニキビや吹き出物の予防に効果があるのだそうです。そして、キウイの食物繊維含有量はバナナの約2倍と言われています。

葉酸

ビタミンB群の一種で、皮膚や粘膜を強くする効果や新しい細胞を生成するために欠かすことのできない成分だとも言われています。キウイの葉酸含有量は温州みかんの約1.6倍なのだそうです。

カリウム

むくみを解消する効果があると言われ、その含有量はグレープフルーツの約2倍なのだそう。

ポリフェノール

キウイには抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富に含まれており、その含有量はぶどうの約2倍と言われています。

この他、キウイには免疫力を上げる効果や肌荒れ防止効果、血流をアップさせ血行不良を改善する効果などがあると言われています。

キウイフルーツを食べるベストなタイミングとは?

キウイの食べ頃は、柔らかさを増した、いわゆる熟した頃ですが、熟度が進むごとにビタミンCの含有量が増加するという研究データが発表されています。

ゴールドキウイとグリーンキウイの違い

キウイにはゴールドとグリーン、大きく分けて2種類存在します。
ゴールドキウイはうすい黄色の果肉で、爽やかな甘みが魅力です。一方グリーンキウイはゴールドキウイと比較して酸味が強いという特徴があります。
ビタミンCとポリフェノールの含有量はゴールドキウイの方が高く、食物繊維の含有量はグリーンキウイの方が高いようです。
味の好みで選ぶのもよいと思いますが、それぞれの特徴を理解してご自分のニーズに合ったキウイを摂取されるのも1つだと思います。

美容にも健康にも嬉しい効果が期待できるキウイフルーツ。年間を通して比較的手に入りやすいのも魅力かと思います。ぜひ積極的に摂取され、美肌に磨きをかけてはいかがでしょうか。

▽ 参考記事:Zespri公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠藤幸子

アンチエイジングアドバイザー、エイジレスビューティ—研究家、美容ライター、
@cosme公認ビューティスト。二児の母。
いつまでもキレイでいたいと願う女性に向けて、手軽に楽しくできるアンチエイジング法
を中心に月刊誌、ブログ、webサイト等で日々情報を発信中。
公式ブログ「★エイジレスビューティ—研究家の美肌ダイアリー★」
(http://sachirara.cocolog-nifty.com/blog/)