女性はキレイな手が命! 年齢が出るパーツのケアは習慣化しよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2014.10.31.Fri

顔は毎日のスキンケアや念入りの努力で年齢が出るのを遅らせ、若返らせることがある程度可能ですが、手はいかがでしょう。顔よりもお手入れをしている人は少ないうえ、女性であれば水周りの家事は毎日必須です。まさに年齢がそのまま反映されるパーツとも言えるでしょう。
冬はさらに水周りの家事などに加え、寒いしこわばるし乾燥する……ハンドケアはしなくてはならないもの。だからこそ、手のアンチエイジングも踏まえこの冬からハンドケアを習慣化していきましょう。

この冬習慣化したい手のアンチエイジング!

水周りの家事はゴム手袋必須

手洗い目的ではなく、女性は食器の洗い物からお風呂掃除、子どもの汚した洋服の手洗いなど、水に触れる仕事がたくさん。毎回水仕事を終えるたびハンドクリームでケアをしている方もいると思いますが、忙しいとなかなか毎回とはいかない場合も。流しや台所、お風呂場など水仕事をする場所それぞれに1セットずつゴム手袋を常備し、家事をするときは必須としましょう。筆者も水をさわる時は必ずゴム手袋をしています。

ハンドクリーム

40代人気美容雑誌の『美ST』(2014年12月号)ではハンドクリームは一人3本持っているのが当たり前! とのこと。

・持ち歩き用のビジュアル重視や香り付きクリーム
・水仕事を終えた後の保湿重視のクリーム
・活躍の場が多いSPF入りクリーム

などとTPOによって使い分けている美魔女世代が多いのだとか。香りやビジュアル、保湿機能など兼ねそろえたレアな名品がどんどん出てきているので、自分のお気に入りをまずは1本見つけてみて!

オイルでささかむけ防止

冬になると多いのが爪の生え際部分が荒れて皮が剥けてしまう「さかむけ」。キレイな手肌はもちろん、見た目も台無しになるほか、ネイルをしている方はネイルも映えません。さかむけは冬にもっとも多いトラブルの一つで、血が出るタイプから痛みを伴い赤みが増すタイプまでさまざま。ネイル用オイルやスキンケア用のオイルを綿棒などに付けてさかむけ部分に塗りましょう。

外出時は手袋必須

冷たい空気に長時間肌が触れていると乾燥はもちろん、こわばり・ごわつき・手荒れの原因に。冬の外出は手袋が必須。手袋をする前にハンドクリームで保湿しておくとなおgood。
また、冷え込む深夜に手も乾燥が加速するため、就寝前にも手袋をはめて寝ると手荒れ予防のほか、冷え予防にもなり美にとって一石二鳥です。

寝る前にパック!

寝る前に使用する洗い流さないクリームパックをそのまま手にも塗りましょう。寝ている間、肌が修復されるので冷え切る夜も怖いものなしです。翌朝からしっとりとした手を実感すると顔の肌と同様、嬉しいものです。

いかがでしたか? 意外とケアが怠りがちな手元ですが、顔の年齢は隠せても手は隠せないと言われているほど、加齢に正直なパーツ。特に仕事も家事もこなす現代女性は手を酷使する傾向に。毎日のスキンケアを怠るなんて考えられないぐらい、習慣化している顔と同じく、手のケアも当たり前になるように習慣化していきましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/