女なら毎日食べたい! ホルモンバランスを整えて、美力をアップする4大食材

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2014.09.15.Mon

不規則な生活、ストレス、年齢による体質の変化……。さまざまな原因によってホルモンバランスが乱れてしまうと、肌荒れ、ニキビ、生理トラブル、PMS、心身の不調などの原因になってしまいます。女性ホルモンを活性化してくれる大豆イソフラボンや、ホルモンの分泌を促すビタミンEなど、毎日食べておきたい4大食材をチェックしておきましょう!

豆腐、納豆……大豆イソフラボン

女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをして、美肌や生理トラブル、更年期障害の緩和に役立ちます。
主に大豆製品に含まれていて、大豆、豆腐、納豆、厚揚げ、みそ、きなこ、しょうゆ、豆乳などを毎日食べると効果的です!

アボカド、アーモンド……ビタミンE

女性ホルモンの分泌をサポートして、月経前の不調(PMS)、生殖機能を維持する働きがあるといわれています。
アボカド、アーモンド、パプリカ、かぼちゃ、たらこ、ウナギ、モロヘイヤなどに多く含まれています。別名、若返りビタミンなので美容効果もばっちりです♪

卵、玄米……亜鉛

女性ホルモンの分泌を促してくれ、女性らしさを維持する効果があり、心身ともに美しくなれるはず。ファーストフードや加工食品に含まれる添加物は、亜鉛の吸収を妨げるので注意しましょう。
卵、玄米、牡蠣、牛肉、ラム肉、レバー、カニ、たらこなど。不足しがちな成分なので、毎日意識して食べておきましょう。

バナナ、ほうれん草……ビタミンB6

エストロゲンの代謝と深い関係があり、ホルモンバランスを良好にしてくれます。PMSを和らげたり、妊娠初期のつわり緩和にも効果的だとされています。
バナナ、ほうれん草、レバー、マグロ、カツオ、サケ、鶏肉、アサリなど。毎日バナナ一本を心がければ完璧です。

バナナときなこ、豆乳を合わせて手軽にホルモンケア♪

毎日食べた方がいいといわれても、飽きてしまって1週間でやめてしまうのが現実。そこで、上手にアレンジをして長く続けられるように工夫をしてみましょう。

バナナきなこトースト

・材料(1人分)
食パン:1枚
バナナ…:1本
アーモンド、きなこ、ハチミツ…:お好みで

上記で紹介した摂取したい4大成分のうち3つが一気に取れるレシピです。手軽にできるから忙しい日の朝ごはんにもぴったりです。

・作り方
1:輪切りにしたバナナと荒く刻んだアーモンドを食パンに並べます。
2:その上に、きなことハチミツをかけてトースターで焼けば完成♪

また豆乳、きなこ、バナナをスムージにしても◎。アボカドを加えてすこしとろみをつけるのもオススメです。

女性らしさ、お肌の調子をアップして、生理トラブルを和らげてくれる4大成分。毎日食べるのがベストですが、難しい場合は生理開始の2週間~1週間前から意識するだけでもPMSの改善効果が感じられるはずです。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net