1粒に美肌効果が凝縮! 今が旬の「ぶどう」が持つ驚きの若返り&美容パワーとは?!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2014.09.19.Fri

秋のフルーツと聞いて、思い浮かべるのは「ぶどう」ではないでしょうか? この季節、スーパーなどでもいろいろな品種のぶどうが売られていますが、どれも美肌づくりに役立つ成分がたっぷり含まれています。早速、ぶどうの美容効果をチェックしてみましょう!

疲れを癒す♪ アンチエイジング効果

ぶどうに多く含まれている「ブドウ糖」。体内にすばやく吸収されるので、エネルギーに変わりやすく、疲労回復や老化防止に役立つといわれています。仕事や家事で疲れている時には甘いものが恋しくなりますが、チョコやクッキーをつまむよりも「ぶどう」を一粒食べれば太りにくく、効率的にエネルギーが吸収できます!

若々しいお肌に♪ 美肌効果

ぶどうには「ポリフェノール」もたっぷり含まれています♪ カテキンやアントシアニンなど豊富なポリフェノールが若々しいお肌を保つ働きをしてくれるといわれています。また若返り成分の「レスベラトロール」(ポリフェノールの一種)も含まれていることで注目を浴びています。
レスベラトロールは、シミやしわの原因となる老化のもと「活性酸素」を減少させる効果があるので、シミやしわなど年齢肌の悩みも解決してくれそうですよね♪

美容効果をアップ! ぶどうの選び方&食べ方も

1粒に美容成分がたっぷり含まれている「ぶどう」ですが、せっかくなら美容効果を最大限にアップして美味しく頂きたいですよね。ここで、もっと美容効果をアップさせるためのぶどうの選び方と食べ方をご紹介します☆

キレイになれる♪ ぶどうの選び方

とにかくフレッシュなものを選ぶのがコツです!

・軸がしっかりしていて水々しいもの
・実の表面に白い粉が浮いているもの
・実と実が密着しているもの
・一粒一粒にハリがあるもの

ぶどうは、皮ごと食べるのがベスト♪

美肌成分ポリフェノールの効果を最大限に引き出すためには、食べ方にもちょっと工夫をしてみましょう。皮も一緒に食べると美容効果がアップするのでおススメです。
注目の「レスベラトロール」などのポリフェノールは実よりも皮に多く含まれています。「レーズン」が栄養たっぷりといわれているのは、皮ごと天日干しにしているからなのです。レーズンにはカリウム、カルシウム、鉄分などが含まれているのでこちらもオススメです♪
丸ごと食べられる品種のぶどうもありますが、巨峰などは皮が渋くて食べられない……という方は、こんな食べ方をしてみるのはいかがでしょうか?

フローズンぶどう

レシピとは呼べないかもしれませんが、皮ごと食べやすい方法が丸ごと凍らすことです。食べる個数分のぶどうを冷凍OKの袋に入れてそのまま凍らせるだけで完成です。これだけで渋い皮も食べやすくなりますよ!

ぶどうのスムージー

忙しい朝にも! 美容成分をしっかりチャージしましょう。
▽ 材料(2人分)
・ぶどう:200g
・氷:100g
・ヨーグルト(無糖):100g

▽ 作り方
皮付きのぶどうと氷、ヨーグルトをミキサーに入れる。15秒ほどかき混ぜてぶどうの皮が細かくなれば完成です。お好みでハチミツを加えてもおいしく頂けます。手間も掛からないので、ぜひ試してくださいね♪

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net