あなたを老けさせてしまう可能性大! 老化を早める食べ物とNG食習慣

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠藤幸子

Written by:

2014.09.21.Sun

アンチエイジングといえば、サプリやスキンケアなど与えるケアを重視しがち。しかし、老化を早める食べ物の摂取を控えたり、NG習慣をやめることのほうが時短で若さと美しさに近づけるはず!
そこで、今回はアンチエイジングのために見直したい老化を早める食べ物とNG食習慣についてご紹介します。

老化を早める食べ物

まずは老化を早める食べ物を知り、それらを食生活でできる限り排除していくことが大切です。老化を早める食べ物は下記の通り。

1.精製された砂糖を含む食べ物

精製された砂糖(白糖等)を含む食べ物を多く摂取すると、筋肉のたるみ、ゆるみや運動能力の低下、脳障害などをまねく恐れがあります。
精製された砂糖を多く含む食べ物は、菓子全般、菓子パンなど。日常的に摂取しないよう心掛けることが大切です。

2.トランス脂肪酸を多く含む食べ物

トランス脂肪酸を含む食べ物を多量に摂取すると、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させ、心臓疾患や脳卒中などのリスクなどを高めるほか、肌の弾力低下をまねくと言われています。肌の弾力低下は、しわ、たるみの要因となるため注意しましょう。
トランス脂肪酸を多く含む食べ物は、マーガリン、フライドポテト、アイスクリーム、ケーキなど。摂取回数、摂取量に注意することが大切です。

3.GI値の高い食べ物

GI値の高い食べ物を摂取すると、血糖値の上昇度が高く、脂肪合成を促進させる作用のあるインスリンの分泌を増加させます。インスリンの分泌を増加させることはがんのリスクを高めるほか、肥満の要因となります。注意しましょう。
GI値の高い食べ物は、白米、パン、砂糖を多く含んだ食べ物など。食事をする際は、低GI食品から摂取し、急激な血糖値の上昇を防ぐことが大切です。

4.添加物の多い食べ物

添加物の多い食べ物も私たちの健康を阻害し、アンチエイジングの大敵となる恐れがあります。コンビニ弁当、インスタント食品などの摂取はできれば控えることをおすすめします。

老化を早めるNG食習慣

1.間食

昨今老化を促進させることなどで注目されている「糖化」。糖化が私たちに与える影響は下記の通り。

・肌のたるみ、しわ、シミなどのエイジングサイン
・糖尿病とそれに伴う合併症
・白内障
・アルツハイマー

など。間食は糖化をまねく恐れがあるため、今すぐ見直したい習慣です。どうしても小腹が空くという方は、精製された砂糖を多量に含む菓子類などの高GI食品を摂取するのではなく、ナッツ類や小魚などを摂取することをおすすめします。

2.暴飲暴食

食べすぎや飲みすぎも老化を早めるNG食習慣。動物実験の結果ですが、腹八分目を実践すると長生きでき、また顔のしわなどのエイジングサインが目立たなかったというデータもあるようです。したがって、アンチエイジングのためには腹八分目を心掛けることが大切なのです。
また、適度の飲酒は長寿の秘訣とも言われていますが、過度の飲酒は肝臓等に負担をかけ、健康を害する恐れがあります。注意しましょう。

3.食事の時間が不規則

食事の時間が不規則になると、自律神経のバランスが乱れる原因となります。できるだけ規則正しい時間に食事をとることを心掛けましょう。

4.早食い

この他、早食いも急激な血糖値の上昇をまねき、老化を促進する恐れがあります。よく噛んで食べることは急激な血糖値の上昇を防ぐほか、食べ過ぎ防止にも繋がります。よく噛んで食べる習慣を身につけることが大切です。

いかがでしたでしょうか。
以上のことを心掛け、若々しく美しい肌と体をキープしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠藤幸子

アンチエイジングアドバイザー、エイジレスビューティ—研究家、美容ライター、
@cosme公認ビューティスト。二児の母。
いつまでもキレイでいたいと願う女性に向けて、手軽に楽しくできるアンチエイジング法
を中心に月刊誌、ブログ、webサイト等で日々情報を発信中。
公式ブログ「★エイジレスビューティ—研究家の美肌ダイアリー★」
(http://sachirara.cocolog-nifty.com/blog/)