透明感のある肌とくすんだ肌の決定的な違いを見極めてケアしよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2014.08.15.Fri

皆さんは自分自身の肌をご覧になって、透明感を感じますか? それともどこかくすんでいるように感じますか? 実は透明感のある肌の決めては角層に秘密が隠されています。さぁ、さっそく肌のメカニズムを知って透明感を引きだすポイントを抑えてクリアな肌を目指していきましょう。

透明感のある肌とくすんだ肌の違いとは?

透明感のある肌

滑らかで透明感のある肌は、光が表面でキレイに反射しています。ターンオーバーが正常でキレイに整っているため角層の中に水分がたっぷりあるのがその秘訣。その水分こそが肌に入ってきた光をキレイに反射して戻すため、見た目が透き通ったクリアな肌に。

くすんでいる肌

透明感のある肌とは反対に、光が反射せずに吸収されて出てこない状態。ターンオーバーが乱れ、角質の構造が不均一で水分が不足している肌は、肌はカラカラ砂漠状態。もちろん当たった光をうまく反射することができないため、光を感じずくすんだ印象を与えてしまいます。

透明感に欠かせない角層をケアするには?

透明感のある肌に欠かせないのは角層の質と分かったところで、角層のケアをはじめることがくすんだ肌から抜け出す第一歩。

ターンオーバーを正常化する

まずは透明感を生む角層は正常な肌サイクルが欠かせません。それはまず、肌の生まれ変わり機能のターンオーバーを整えること。ターンオーバーは寝不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、加齢などで崩れます。乱れたターンオーバーにクリアな素肌はありえないのです。ターンオーバーを促進させるには

・肌表面の汚れや皮脂、古い角質を落とす「酵素」
・古い角質を剥がれやすくするAHAなどの「ピーリング」
・肌の奥にある基底細胞の細胞分裂を促進させる「レチノール」

のコスメが有効。

徹底した保湿

保湿とは肌の水分を保つこと。肌には本来、角層内に水分を蓄えておく力が備わっているためこれを整えることがカギ! ターンオーバーを整えるケアを取り入れた後は十分な保湿が重要。
肌にあるこれらの3つの保湿成分、

・NMF(天然保湿因子)
・皮脂膜
・角質細胞間脂質

が満たされてこそ、水分たっぷりのベストコンディションな角層が保てるのです。
これら3つはターンオーバーの過程で作られるもの。だからこそ、ターンオーバーを整えることは透明感を生み出す最大のポイントであり、その後に十分な保湿をしてこれらの3つの保湿成分を水分で満たすことが、角層を元気にして透明感を引きだす決め手となるのです。

いかがでしたか? 透明感のメカニズムを知れば、本日から目指すものは一つ、透明感のある肌! さっそく今の状態を鏡でチェックし、元気な角層を作り上げクリアな素肌を目指しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/